Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

Cafe Tasse

某所にて、先輩がベルギー製チョコレートを紹介されていた。
何度かスキーなどにご一緒した範囲で
お酒を召し上がることは知っていたが
甘いもの好きという印象はなかったので珍しいなあ、と思っていたのだが
ご本人も

「100gで500円以上するってどんな味?」

と、いわば好奇心で普段買いもしないチョコレートを
衝動買い(?)されたようなのだが。
これがとんでもなく美味しかったのだそうだ。

先輩に衝撃を与えたチョコレートとは、この「Cafe Tasse(カフェ タッセ)」。

Cafe Tasse Noir
撮影:先輩 画像使用許可ありがとうございます(^^)

そこまで言われたら食べてみたいではないか。
でもどこで売ってるの、コレ?と思っていたら
先輩のお友達が

「KaldiかPlazaあたりなら置いてあるのではないか」

とヒントを下さった。
Kaldiなら近所にもある!と、ホクホク向かってみたのだが
影も形も見当たらない。うーん、群馬は販売圏外?
別の日に新宿のPlazaで発見。
ただ、先輩が紹介されていたこのサイズだと
新宿のPlazaで売っているのは抹茶やヌガーなど
チョコレート以外の材料が前に出てきそうなフレーバーばかりだったので
サイズ違いのプレーンなミルクチョコレートを買ってみた。

Cafe Tasse Lait

45g350円、なかなかのお値段である。
うちのダーリンは外国製のチョコレートの多くが苦手で
喜びを分かち合えないのは大変残念であるが
食べられないなら独り占め、どっちに転んでも悪くないわと
腹黒なことを考えて購入し
こら!そこの鬼嫁!!
お休みの日に二人で食べてみた。

結果、ダーリンにも大好評で瞬殺。
ちっ、独り占め計画が不発!
だからやめい!(笑)
みっちり濃厚、でもしつこくない正統派チョコレート。
わー、これは先輩お勧めのダークチョコも食べてみたい。

商品名(メーカー名でもある)のCafe Tasseとは
フランス語でコーヒーカップのこと。
パリでコーヒーを頼むとソーサーに小さなチョコレートが載って来るが
このチョコレートはその名の通り

「コーヒーと一緒に楽しんで」

というコンセプトのチョコレートなのだそうだ。
コーヒーを飲むときにはたっぷり牛乳を入れてカフェオレにしてしまう
えせコーヒー好きであるが(笑)
このチョコ、コーヒーと一緒でも多分負けず、勝ち過ぎず、良いバランスと思う。

お財布の事情でしょっちゅう買うのは難しいが
ご褒美的にたまにありがた~く頂きたいチョコレート。
もし興味と機会があれば、是非。
関連記事