Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  雑記 >  四十肩論争・決着!

四十肩論争・決着!

去年の11月ごろより左の二の腕から肩にかけて痛みがある。
最初は動かさなければ痛みは無くて、でもTシャツやセーターを普通に脱げない(痛くて)
コートやジャケットを着る時に右腕を先に袖に通してしまうと
左腕が痛くていれられない・・・などでおかしいなと思い始めた。
もしやこれが噂に聞く四十肩!?
経験者の諸先輩方に伺うと

「放っておけばそのうち勝手に治る」
「治るまで半年から1年、時期は人それぞれ」
「回復の兆しはまったくわからず、ある日突然治っている」

ということだったので気長に待つか、と思っていたらダーリンから物言いが。

「それ、四十肩じゃなくて五十肩じゃない?」

あまり年齢にこだわりはないが異議は申し立ててみよう。

「40代なら四十肩でいいんじゃないの?」
「四捨五入して50なら五十肩じゃない?」
「じゃあやっぱり四十肩よ。四捨五入したら40だもん」
「えっ、りかし四捨五入で40?・・・ナマイキな!!」

何がナマイキなのかさっぱり意味不明であるが
この時ダーリンは四捨五入で50だったのでむっとした模様(笑)
なにがいやなのか全くわからん。
殿方は50からが花じゃないの~。
えっ、女性は?モチロン一生花ですとも!!


年が明けて誕生日が来てめでたく(?)わたくしも
四捨五入で50になったので(笑)
もう五十肩を名乗るべきか、と思っていたところ
だんだん症状がひどくなってきたので
覚悟を決めて整形外科に行ってきた。

診断、四十肩。

そこでドクターにお聞きしてみた。

「四十肩と五十肩ってどう違うのですか?」

ドクターは笑いながら

「ああ、これホントは肩関節周囲炎って言うんだよね。
 でも世間的に『五十肩』って呼び方が定着しちゃって。
 ただ若くてもなる人はいるから40代なら四十肩
 50代なら五十肩って呼ぶんだよ。中身は一緒(^^)」

と説明してくれた。

というわけで、家庭内の論争はひとまず決着。
四十肩でよさそうだ。
標準的には1年くらいで治るそうなので「四十肩」のうちに完治しそう。

ところでドクターのおっしゃることには

「四十肩って何が原因かさっぱりわからないし、放っておけば治ります」

先輩方の見解は正しかった。

「でも、痛みを鎮めたり治りを早くする方法はあります」

ということで肩にヒアルロン酸注射、痛み止めの薬とテープ
それにリハビリをしていくことになった。
肩の注射は週1回ということで、物凄く痛いのかと思ったら
さほど痛くなくて拍子抜け。
もしやこのドクターが注射の名人なのだろうか?
むしろリハビリで後ろ手に手をあげるのが物凄く痛い~(涙)
でも行かないとなかなか自分で運動しそうにないので
ちょっと頑張ってみよう。

リハビリの前に電気で肩を温めて低周波治療器をかけるのだが
この低周波治療器のパッドが吸盤式になっているため
今肩に赤く丸い模様がいくつもできていてなかなかアヤシイ。
犬か猫に噛みつかれたみたいになっているので
暑くなってもしばらくノースリーブは無理かも。
関連記事