Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  雑記 >  続・攻めか守りか

続・攻めか守りか

以前目盛りにわざわざ「やく(約)」と記入して
「正確ではない」ことを正確に表現している(!?)
攻めているのか守っているのかわからない計量カップについて書いたのだが
ご記憶だろうか(ちなみにその記事はこちら

あれから数日後、作業室にて使用中のビーカー目盛り付近に
何やら文字が書いてあることに気が付いた。
・・・一般家庭に何故実験用ビーカーがあるかは
あまり追求しないでいただきたいのだが(^^;)
目盛り付近に文字、このパターンは以前にも経験が・・・

beaker

写真右の赤い目盛りのものが調理用計量カップ
左の白い目盛りのものが実験用ビーカー。
メーカーはどちらもIWAKI。
ビーカーの200の目盛りの下に「APPROX」の文字。さてこれはなあに?と
辞書をひいてみると・・・

APPROX:approximatly(副詞)だいたい、おおよそ、ざっと
    approximation(名詞)推定、概算、近似値

実験用ビーカーよ、お前もか!!

正確ではない、目安目盛りであると言うことを
正確に表現したいと言う攻めの姿勢であるなら
もう言うことはない、くどい気はするが理系にはありがち(笑)なので
気の済むまで好きにするがよい。

だが、「誤差があるぞ!どうしてくれる!」という
クレーマー防止の守りの姿勢であるのなら。

IWAKIは企業としてもっと強気に出てもいいと思う。
ビーカーの目盛りに誤差がある、なんてクレームをつける人がいたら
その人のほうが研究者・実験者として間違っている。
ビーカーの目盛りが目安に過ぎないのは実験者にとっては不文律。
正確に測りたいならそのための器具が別にあるのに
それを選択できずにビーカーにクレームをつけるほうに
実験者としての資質が欠けている。

何があったのか知る由もないが
わざわざ「やく」「APPROX」と表記するからには
きっと何らかの理由があるのだろう。
一体何があったのか大変興味深い(^^)
・・・まさかIWAKIさんもそんなところに
興味を持つユーザーがいるなんて思いもしないだろうけれど。

ああ、IWAKIの工場見学ってできないのかしら。
ビーカー製造ラインを眺めながらこの文字の理由を質問したい~!
そんなマニアックな見学者、IWAKIさんが嫌がるに違いない(^^;)
関連記事