Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  雑記 >  思い出せない・結末

思い出せない・結末

先週思い出せない童話の話をご紹介したのだが。

こちらをご覧いただいた方からいくつか情報をおよせいただいた。
皆様、ありがとうございます!!

まずは恭子様情報。

題名は定かではありませんが、12カ月の神様が出てきて、季節季節の難題を
叶えてくれるようなお話。うっすら絵本の絵を思い出しますが。


調べてみたところ「森は生きている」というお話だそうだ。
ロシア版シンデレラとも呼ばれる有名なお話で
よく舞台劇などにもされているらしい。
探していた思い出せない話とは違うのだが
思わず読みふけってしまった。

「森は生きている」はこちら(アクセスするとBGMが鳴りますのでご注意ください)

次にhappy様情報。

もしかして、これ?

happy様が教えてくれたのは「ミツバチの女王」。
森の苔に隠された1000粒の真珠を探すミッションを5千匹のアリが手伝ってくれたり
王女の寝室の鍵を海から拾ってくるミッションをカモが手伝ってくれたり
ディテールが非常に近い!
ただ、何故3人の王子が旅に出ているのか
何故城は魔法にかけられているのかなど謎も多く面白いお話。

「ミツバチの女王」はこちら

これでほぼ確定?と思った所、てんこ様から新たな情報が。

お探しの童話、「金髪姫」・・・じゃないよなぁ。
一部がとても似てるんだけど、主人公が男の人なのよね~。


先程の「ミツバチの女王」も主人公は男性だったし
娘さんが主人公、というのはわたくしの記憶違いかもしれない。
この「金髪姫」、ディテールは「ミツバチの女王」とよく似ている。
だが主人公は王子様ではなく家来。
こちらは旅行に出た経緯も無理難題を言いつけられる理由もはっきりしているし
最後が勧善懲悪的にスッキリ。

「金髪姫」はこちら

ところで「ミツバチの女王」はグリム童話、「金髪姫」はチェコの民話。
グリム童話集は民話やおとぎ話の集めたものなので、似た話があっても不思議はない。

色々なお話があるものだなあ。
子供の頃のお気に入りは何度も何度も読み返したりしたが
知らないお話もいっぱい。
今度図書館の児童書コーナーを覗いてみようか。

それにしても長い間の謎が解けてかなりスッキリした。
途中ご紹介したサイトでは色々なお話が読めるので
もしよろしければ。

福娘童話集今日の世界昔話

ただし、気づくとうっかり熟読してしまうので
ぜひお時間にお気をつけて。  
関連記事