Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

Changeable chain

Changeable chain

銀粘土の紐を輪にして、大きさ・太さ・形ランダムなチェーン状にした
ペンダントトップ。今年のチャームスワップ出品作候補として作ったもの。

一見何の変哲もないのだが、この作品最大の特徴は
どこをどうやってチェーンを通すかによって
全く表情が変わるということ。
いくつかご紹介しよう。

チェーンの通し方を変えると

こんな風にも

こんな風にも

tp12040105.jpg

こんな風にも

こんな(以下略)

あまつさえこんな風にも

最後だけチェーンが2本必要なのでちょっと技がいるが
更に通す場所の上下、チェーン(あるいは紐)の種類、長さで
もっと色々な表情を楽しめるというちょっとお得感(?)ある品なのだ。

制作上注意したのは、チェーンを構成するそれぞれのリングが
違う形になるようにすること。
気を抜くとみんな同じ長さだったり同じ太さになってしまうので。
…同じにしたい時はならなかったりするのだけどなあ(^^;)

意外とファッションを選ばず、便利に使える。


PMC3 7g使用
2012年1月 制作
関連記事