Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  実験レポート >  作っちゃいました・銀粘土 >  ウサギチャームのリング

ウサギチャームのリング

ウサギチャームのリング

ウサギチャームがゆらゆら揺れるリング。
チャームはハートでもストーンでも何でも構わないのだが
やはりウサギが一番自分らしかろうということで。

丸カンも銀粘土制

ウサギチャームを下げる丸カンは今回銀粘土で制作。
普通は出来合いの丸カンを使用するものだが
丸カンはひっかかると開いてしまうことがある。

それを避けるための方法の一つは丸カンをロウ付け(溶接と思ってくれればよい)
すること。

お手持ちのネックレスチェーンなどをご確認いただきたいのだが
チェーンと引き輪(留め金)やダルマ板(留め金を留めるための穴の開いたプレート)
をつなぐ丸カンは、安いアクセサリーだとつないだだけで隙間が空いたまま
ゴールドなどの場合ロウ付けしてあって隙間がないはずだ。
ただし、この方法はなかなか大変。
何度も練習すればできるようにはなるが
クラスの生徒さんにも丸カンのロウ付けができるテクニシャンは存在する
失敗すれば不必要な所をくっつけてしまったり
パーツそのものを溶かしてしまうこともある。

もう少し簡単な方法として、銀線やワイヤーでメガネ留めと言う方法がある。
ただしこの場合少々長さが出てしまうので、今回のリングにはデザインとして不向き。

ロウ付け以外方法がない、ということならもちろんそうするのだが

「丸カンも銀粘土で作って同時焼成すれば
 ロウ付けができない初級者にも作れるのでは?」

と思いついたら作るしかないだろう(笑)

実際作ってみての感想は、銀粘土で細い紐を作っての丸カン制作は
楽ではないのだが、ロウ付けをマスターさせるよりはるかに速いと見た。
もちろんロウ付けもマスターして欲しいのだが
もっと他のパーツを溶かしたりくっつけてしまう危険の少ない作業の時に
練習してもらった方が心理的拒否感が少ない気がする(笑)

着用イメージ

実際に着用するとこのような感じ。
ふと手元を見た時に小さなウサギさんがゆらゆらしているのが
個人的にたいへん幸せである(^^)


PMC3 7g弱使用(うちリング部分に3.5g)
2012年3月 制作
関連記事