Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  雑記 >  夜マラソン

夜マラソン

子供の頃、布団乾燥機なんてものはまだなくて
団地のお風呂には追い炊き機能が無くて
記憶が確かなら脱衣所さえなかった
天気が悪い日が続いたりすると、夜の布団はそれはもう冷たかった。

「おとーさん、おふとんがつめたくてねられない~」

と隣の茶の間で晩酌中の父に言うと

「じゃあ布団の中で走れ。暖まる」

と言われて、とりあえず走る←とりあえず親に言われたことに忠実な長女タイプ

「おとーさん、おふとんがじゃまではしれない~」
「ばかだな。横向けば走れるだろ(^^)」
「あっ、ほんとだ。おとーさん、あたまいい~!」←だまされてる!!

というわけで、布団の中で横向きになって
走ってるつもりでバタバタと足を動かすわたくし&弟。
布団も無事温まり、多少体も動かしたりで
満足して眠りにつく幼児2名
・・・なんてユルい子供だったのだ!!
これを実家では(布団の中で)マラソンする、と呼んでいた(笑)


さて比較的最近。
風邪気味だったのでお風呂に入らずに寝ようとしたら
布団が冷たくて寝られない!!
かといってゆたんぽを温めに(我が家のは電子レンジ加温タイプ)
キッチンまで下りて2分半待つのも寒いし・・・
というわけで、わたくし思わず伝家の宝刀(違)夜マラソンを決行!
びっくりしたのは隣で寝ているダーリンである。

「一体なにごと!?」

そういえば結婚してからこの技(?)を見せるのは初めてだったわね。。。
と、結婚18年目にして初めて夜マラソンを解説。
物凄くびっくりされた(^^;)

・・・という話を、両親と弟夫婦が遊びに来た時に話したら
弟が義妹ちゃんに向かって

「ほらね!?」

・・・どうやら弟も夜マラソンを繰り出して
妻である義妹ちゃんにビックリされたらしい。
あっ、初めて披露したのが結婚何年後か聞けばよかった!

非常にバカバカしいのだが、燃料ゼロで手軽に温まるので
他に方法がない!という時は是非お試しを(^^)
関連記事