Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

Rabbit Pick

Rabbit Pick

ウサギ型の穴をくりぬいたピック型ペンダント。
ピックというのはギターを弾く時に使う小さな爪(撥?)のような道具。
ダーリン用に作るので何かギターに関係のある形が良いかと思って。
ダーリンの趣味はギター演奏で、今市内のNPO団体が運営するフォーク喫茶にて
ボランティアミュージシャンとして活動中。詳しくはダーリンブログ
俺様の飯を食え!うまいぞ!・・・なんてねをご覧いただきたい

ピックには色々な形があって現在ダーリンが使用しているのはジャズ型と呼ばれる
もうすこし小さくて先が細いものなのだが、普通の人が「ピック」と言ったら
思い浮かべるのはこちらのトライアングル型だろうな、ということでこの形に。

ダーリンからお古のピックを1枚もらって

「収縮するからこれくらい?」

と目分量で乾燥体を大きく作ってみたらなんと!
ドンピシャでジャストサイズに仕上がった。
もしかしてわたくしちょっと凄いかも、と今回は自画自賛(笑)

ぴったり!

乾燥体で実寸サイズにしておけば収縮で一回り小さくなるので
本物のピックをフレームのように後ろに置いて
2枚重ねて使うのも面白いかもしれない。

ちなみに実際身につけるとこんな感じ

着用画像

着用画像2


意外と存在感がある。

ピックの上にのせたクラウンは

「ここにクラウンを載せたらウサギがクラウンを被っているように見えないかな?」

と思って作ってみた。ピックとは別パーツにしてあるので
こんな風にクラウン単独で使ったり

単独使用可能

別のペンダントと組み合わせて使ったりできる

こんなことも

このウサギピック、ダーリンに渡してみたらこれで本当にギターが弾けた(笑)
シルバーなのでさすがにちょっと重いようだけれど。

ダーリンの話によると超有名バンド・クイーンのギタリストである
ブライアン・メイ(天体物理学博士でもある)は
ピックの代わりにイギリスの6ペンスコインを、6ペンスコインの入手が難しくなってきた
1990年代後半からはオーストラリアの5セントコインを使用しているのだそうだ。
ありなのね、金属製ピック。
意外と実用的なアクセサリーだったりして。

完成重量 ピック 5.1g クラウン 2.2g
2011年8月 制作
関連記事