Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  行っちゃいました >  なつやすみ日記(後編)

なつやすみ日記(後編)

先週に引き続きなつやすみ日記。
よろしければお付き合いください。

さて、到着したのは蓼科・女神湖湖畔のホテル。

室内風景

ごく普通のホテルなのだがひとつ決定的に違うことが。
それは、客室に冷房が付いていないこと。
扇風機は置いてある
『標高が高いので、網戸にして是非高原の風をお楽しみください』
とあるので言われたとおりにしてみると日差しは強いが風は爽やか。
おお、これは快適!

今回の旅行のテーマは「だらだらする」(←おい!)なので
隙あらば昼寝。いやぁ、快適快適(^^)

レストランから湖が見える

レストランからは女神湖が見える。
夕食を頂きながらだんだん暮れて行く湖畔の風景が眺められるのは
なかなかよかった。

そうそう、夕食と言えばひとつ困難なメニュー(?)が。

とうもろこし鬼門

フレンチのコースでメインのつけあわせになんと焼きトウモロコシが。
長さが1/2、直径を1/4にしてはあるものの
これをナイフとフォークでどう食せと・・・!?
実を芯から外して食べたけれど、食べづらいことこのうえなし。
焼きトウモロコシはやはり両手でつかんでかぶりつくのが正しいのでは。
こっそり観察するとまわり中のテーブルで

「どうするのコレ!?」

という声や、ナイフがすべってカチャン!という音が。
これは・・・食材変更して欲しいなあ(^^;)

夕食後。女神湖湖畔をちょっぴり散策。

湖畔を散策

群馬でのうだるような暑さが嘘のような爽やかさだ。

風景も涼しげ

夜は温泉に入ってのんびりして、小学生でもまだ起きてるだろうという時間から爆睡。
涼しいとこんなにもぐっすり眠れるものなのね。

翌日。女神湖湖畔にボートハウス発見!

ボートハウス

我が家的にボートハウスはウオッチ対象なので外せない。
(くわしくはこちらの記事を参照)

しかし、この日はこれといった釣果?はなかった。
むしろホテルの前を通るたび漕ぎ手が交替しているタンデム自転車のカップルや
あまりにペースが速かった女性ランナーの方が色々興味深かった。

ホテルを後にして帰る途中で長門牧場に寄り道。
ホテルからいくらも離れていないのだけれど。

長門牧場

お天気が良ければどれほど目に緑が眩しいだろう、という広大な牧場だが
生憎のお天気。遠雷も聞こえるし空には黒い雲。
いつ雨が降り出してもおかしくない。

ソフトクリーム

ここに寄ったのはソフトクリームを食べてみたかったから。
・・・カメラを準備している間に上部1/3を
身長180cmのネズミに食べられてしまったのでバランスがおかしいが
もっとソフトクリームはたっぷりあったのだ。
なんという早技・・・わたくしとしたことがぬかったわ!!
味はさすがに濃厚。
これこそ牧場直売のソフトクリーム!と言う感じだ。

最後に富岡製糸工場へ。

富岡製糸工場

群馬に住み始めて10年、ようやく来ることができた。
それにしてもべっとりと汗ばむ陽気。
やっぱり群馬って暑いのね。

富岡製糸工場、というとなんとなく女工哀史のイメージがあったのだが
あれは別(長野)の話で、当時としては破格の好待遇だったらしい。
また、最後に所有していた企業と言うのが
会社員時代お付き合いのあった会社の本体で
先輩が担当していたのでお手伝いをさせていただいたことがある
まさかこんなところで名前を聞くことになろうとは。

世界遺産登録に向けて頑張っているそうだが正直どうだろう。
ここにあるべき資料的な機械が県外の複数博物館に出てしまっているし
単独だとちょっとインパクトが弱いんじゃないのかな、というのが
県民としての感想。

自宅へ戻って、翌日の授業のために英気を養うべく
また小学生並みの時間に就寝。
寝てばっかり(笑)

一泊二日だったが思う存分だらだらを満喫した休暇だった。
関連記事