Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  行っちゃいました >  なつやすみ日記(前編)

なつやすみ日記(前編)

例年のことだが展示会準備の大詰めで作業三昧の夏。
でも今年は一泊で旅行に行くことができた。
Leoさんと奥様の2人展を見がてら蓼科へ行くのだ。

いつも日帰りだったのだが
授業の関係で今まで宿泊ができなかった
今年はうまく曜日がずれたので蓼科に宿泊先を確保していざ出発!

亜鉛工場

これは蓼科ではなく途中で通過した群馬県安中市の
東邦亜鉛安中製錬場。
マンガ「ハチミツとクローバー」の主人公の一人竹本くんが
子供の頃安中近辺に住んでいたという設定で(現在実家は高崎市)
今は亡き父親と夕方亜鉛工場に灯がともるのを一緒に眺めた、という
ノスタルジックな思い出話が登場する。
初めてここを通った時は「ホントにあるんだ!」と結構感動した。
この少し先に竹本くんが現在の父親(こちらはノスタルジーもへったくれもない)と
一緒に行ったバッティングセンターのモデルと思しき場所もちゃんとある。
ちなみに東邦亜鉛は「ハチミツとクローバー」ファンだけでなく
工場マニアの方からも人気のスポットらしい。
なんだかそういうジャンルがあるらしい。どんな楽しみ方するんだろう???

車で地道~に一般道を移動しつつ無事に蓼科へ。
お昼は手打ち蕎麦「黙坊」。

黙坊

前菜(?)の蕎麦の実をたいたもの。

蕎麦の実を炊いたの

メインのもりそば。

つるつる

麺は細めでつるつるしこしこ。なかなか上品なお味。
しかし蕎麦好きとしてはもっと蕎麦の香りがガツンと来てくれてもいいかも。
蕎麦つゆはとっても好みの味だった。

更に車を走らせLeoさんと奥様の2人展会場へ。

Leoさん2人展

会場の「ストーブハウス」は文字通り薪ストーブ専門店。
さすが別荘地、こういう需要があるのだなあ。
確かに近隣のレストランには薪ストーブが設置されている店舗も多く
冬場薪ストーブにあたるのも素敵だろう。

宝の山!

2階のギャラリーに入るとお宝の山!

去年までは長方形のローテーブルが2台だったのだが
今年は丸テーブル1台になって、とても見易くなった。
雰囲気も会場に更にマッチ。

壁にもペンダント♪

壁面を利用したディスプレイも素敵。
何せ奥様がパッチワーク作家さんなので
こういった布のディスプレイはお手の物。

パッチワーク作品

こちらは奥様のパッチワーク作品。
作品はもっとたくさんあったのだが、会場のあちこちにあるので
一部のみご紹介(笑)
今年はビビッドな色使いの作品もあったのだが
シックで品が良い大人っぽい色合わせがとにかく素敵なのだ。

恐竜王国

こちらはLeoさんの作品の中でも人気のある恐竜シリーズ。
・・・年々迫力と完成度が増しているのが凄い(^^;)

会場のストーブハウスには去年まで雑貨店が併設されていて
ふらりと雑貨を覗きに来たお客様がついでに展示会も見学
というパターンが多かったのだが、お店の都合で雑貨の取り扱いをやめてしまったので
今年は来客があるのだろうか、とLeoさんは当初心配されていた。
ところがどうして。
もう、待ち構えているのだ。リピーターの固定ファンが。
雑貨店はなくても「偶然来ました」というお客さまもいらして大盛況。
人数が多い時はこっそり接客して来た(笑)
何人ものお客様が

「来年も楽しみにしてます!」

とお買い上げになるので、Leoさんはしばらく引退できそうにない(笑)

Leoさんの凄さを目の当たりにしてパワーをチャージさせていただき
一路今夜の宿へ。

ちょっと長くなったので、続きはまた来週!
関連記事