Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  実験レポート >  作っちゃいました・銀粘土 >  Rabbit Key & Lock

Rabbit Key & Lock

Rabbit Key & Lock

ウサギフェイス型南京錠&鍵のペンダント。

以前教室の委員長こと輝子さんがガラス作品で展示販売会に参加した時
会場にお邪魔したら、2階が以前はアンティークショップだったそうで
色々な古いものが売られていた。
その中に「ベアキー」と呼ばれる真鍮製のパドロック(南京錠)があった。
形がくまの顔に見えるのでベアキー。
「ベアキー」で画像検索をかけていただくとどんなものなのかわかります(^^)
これペンダントにしたら可愛いよねぇ、とその場で輝子さんと二人
どうやって作るのがよさそうか作戦会議。
自分ではその場で耳を伸ばしてウサギにすることは決定事項。
この作品のタイトルは長いが、通称名はウサキー(笑)
中空でどの程度歪むか、というのが焦点だったが
中子なしでも実用に差し支えない程度で済んだ。

チャーム部分アップ

大きくした方が見栄えはいいのだが重量を考えると多分これで限界。
パドロック部分は30mm×15mm。

脇にウサギの鍵をぶら下げてあるが、もちろんジャストフィット。

もちろんきちんと鍵がささります

やっぱり鍵は鍵穴にちゃんと入るべきだろう!というどうでもよすぎるこだわりなのだが(笑)
サイズが狂ったら後で穴を削って広げるつもりでいたのが
上手い具合に収縮がバッチリ合った。

この鍵に関してちょっと面白いことが。
友人に見せた時は

「可愛い~!」

と言うだけで誰も鍵と鍵穴のサイズに注目しなかったので
ちゃんと鍵が入るよ、と自己申告したのだが
教室で生徒さんに見せた時はこちらが何も言わなくても
かわるがわる鍵を差し入れて

「入る!しかもサイズぴったり!!」

と言っているのに笑った。
さて、こういうタイプの生徒さんがたまたま揃ったのか。
それとも教育の結果(?)わたくしのこだわりDNAが生徒さんにうつってしまったのか。
あまり深く考えないようにしようかな(笑)

完成重量 パドロック8.8g キー1.0g
2011年7月 制作
関連記事