Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  食べちゃいました >  果物時計草

果物時計草

初パッションフルーツ

果物時計草、とはパッションフルーツの和名。
Ruri*さんが小笠原諸島のお土産に持ってきてくれた。
パッションフルーツ味のキャンディやジュースは知っていても
パッションフルーツ本体(!?)は見るのも食べるのも初めて。

上部を薄く切るとこんな感じで黄色いゼリー状の果肉が。

ちょっとカエルの卵風?

アップで見ると何やら育ちそうな予感というか何かの卵みたい(笑)
ゼリー状の果肉に包まれたこの緑色の粒が種。
種を噛まずに果肉をそのまま呑みこむと甘酸っぱい感じ。
種をかじると若干酸っぱさがアップするのだが
コリコリとした食感が面白い。
木の実だとかあられだとか、そんな感じ。
爽やかに甘酸っぱくて美味しかった。
しかもあの種の食感は何ともいえずたまらない。クセになりそうだ。

ちなみに、今年はあちこちでグリーンカーテンが育てられているようだが
パッションフルーツもグリーンカーテンになるらしい。
今年は無理だけどうまく実がついたらオヤツにもなるしいいかも・・・(笑)
関連記事