Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  実験レポート >  作っちゃいました・その他 >  切り子のグラス

切り子のグラス

切り子グラス

宮崎の春のガラス展で行われていた体験講座で作った
切り子のグラス。磨きを施されて送られてきたものがこれ。

光を通すと

光を通すとなかなか良いではないか(自画自賛)
あそこをああすれば、こうしておけばという点が
実は挙げるときりがないのだが(^^;)
体験講座ってそういうものだしなあ。

ちなみに会場に置いてあった制作工程モデルはこのような感じ。

切り子の作業工程

左から、
1)割付け 分割器や型紙などを使って基本となる線を引く
2)粗彫り 目の粗いダイヤ盤を使い文様を大まかに彫る
3)仕上げ彫り きめの細かいダイヤ盤を使いさらに細かいパターンを彫り込む
4)磨き・完成 砥石や木盤にて修正した後、薬品を使った酸処理を行い
         表面のツヤ出しをする

この中で体験させてもらうのは2)の粗彫り。
1)は割付けしたものが何種類か用意してあって、その中から作ってみたいものを選ぶ。
わたくしはパターンEを選択。
左側の、マジックで引いてある線が割付けだ。

デザインパターン

このラインに沿ってダイヤ盤で彫を入れる。

切り子に挑戦中

ついつい彫りすぎが怖くて及び腰に。
もっと思い切ってダイヤ盤に当てた方が綺麗だったな~というのは
1個作ってみて初めてわかること(笑)

細かい彫りはないので3)の仕上げ彫はなしで、この状態で工房に預けたら
4)の磨き処理をして送って下さったものが冒頭2点の画像。

まさか自分で切り子の作業を出来るとは思わなかったのでとても楽しかった。
どこかで切り子体験があったらまた吸い寄せられそうな気が・・・(笑)

さて、何を入れて使おうか。
冷茶とか?バニラアイスクリームとか??
こういうの、何に使おうか考えている時が一番楽しかったりして。

2011年5月 制作
関連記事