Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  実験レポート >  生徒作品 >  今月の生徒作品・2011年6月

今月の生徒作品・2011年6月

今月の生徒作品・2011年6月

作品名 「Stars and the Moon No.4」
作者 良子さん
制作者コメント 夏向けにキラキラしたネックレスを作りました
          チェーンは使わずすべてメガネ留めでつなぎました

ネックレス

ピアス

淡水パールと銀粘土で制作した星モチーフを組み合わせた
Y字ネックレスとピアスのセット。
ビーズアクセサリーではよく「9ピン」と呼ばれるピンをまげてつないでいくのだが
ビーズと違って重量のあるシルバーの場合どうしても外れやすいので
メガネ留めというワイヤーワークの技法を使う。
これならば留めが甘くて外れてしまう、という心配がない。

この作品はとにかく一に根気、二に根気・・・で完成した大作。
まずは星モチーフ。
かっちりした形を出したいということで型抜きをしたが
綺麗な鏡面仕上げにするために、乾燥体の時から
丁寧に丁寧に磨きをかけた。
焼成してからの磨きももちろん。
しかもパーツが小さいのでこの作業はかなり大変だったはずだ。
そしてメガネ留め。
淡水パールや星パーツを通したワイヤーを
ひとつひとつやっとこで曲げて丸めて留めて行く。
この長さ分留めて行くのがどれほど大変だったことか。
練習としては非常に良いのだけれどとにかく根気がいる
しかも、実は最初淡水パールではなく
プラスティックのカラーパールで仕上げたのだが
息子さん達から

「これはないだろ~!」

と散々言われてしまったそうだ。
・・・イイ度胸ですね、ご令息達。
そこまで言うならあなた方はもちろんそれ以上のクオリティで作れるのでしょうね?
さあ、そこにお座りなさい。
当然良子さん以上のものを作れるまで帰しませんよ?
誰かを批判するなら当然それだけの覚悟と実力を見せて頂きましょうか・・・?

とにっこり絶対零度の笑顔で言ってやりたい衝動が。
人様のご家庭に波風を立ててはイケマセン(^^;)

しかし良子さんの何が素晴らしいって
そこで凹むのではなく「なんですと!」と一念発起する反骨精神。
さすがはスポーツレディ!
組み上がったネックレスをバラし、淡水パールでもう一度組みなおした。
プラスティックパールの時のパキっとした発色の良さも魅力だったが
淡水パールにしたことで作品が一段とエレガントになり
大人の女性にぴったりな作品になった。

この教室に入ったばかりの頃、良子さんはとにかくスピードが信条で
細かい仕上げは二の次で1回の授業で一つ仕上げたい、というタイプだった。
頭の回転も速いし、多分日頃家事や仕事もスピーディーに着々とこなしているのだろう
というのがすごくよくわかる方だった。
だが、腕が上がるとともに急げば完成できる作品を一拍深呼吸して
完成度をあげるために待つことができるようになってきた。
ご本人は「いつまでも腕があがらない」とよくボヤいているが
実は物凄い成長を遂げ、新しい武器を着々と身につけている。

ディスプレイは夜空のイメージを出したかったので
光沢のある濃い青の生地を使ってみたらなかなか良い感じに。
ネックレス中央部分を持ちあげているのは
実は前月に輝子さんのディスプレイに使用した
オレンジ色のマカロンボックスである。
もしや、と思いながら布の下に入れてみたら
計ったようにぴったりでちょっと笑ってしまった。

もうすぐ七夕。
ぜひこのセットでドレスアップして得意料理はローストビーフ
しかもそれで薔薇を作ってしまう
という噂のダンナ様と大人のデートを楽しんで欲しい。

★この作品への感想や励ましのお言葉がありましたら
 拍手↓からコメントをお願いします。良子さんへお伝えさせていただきます。


☆過去の「今月の生徒作品」はこちら
  すべての生徒作品はカテゴリの「研究発表会」からどうぞ



関連記事