Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  雑記 >  いつか欲しい

いつか欲しい

usagichair

写真は金沢21世紀美術館の通路に置かれた椅子。
ここの通路にはこのうさぎシルエットな椅子がずらりと並んでいる。

以前ニッサンのTEANAの宣伝画像で金沢21世紀美術館をバックにしたものがあって
その中にずらり!とこのウサギ椅子が。
(安全で快適ならなんでもいい、というくらい車に無頓着なのだが
 TEANAは素敵な建築物や家具が登場したりするので宣伝がとても好きだった)

ずらりと並んだウサギ椅子。
あああ、なんてうっとりする光景なのだろう←超個人的意見

調べたところこの椅子は妹島 和世さんと西沢 立衛さんの建築家ユニット/SANAA
のデザインした商品で実際に販売されている。
販売価格は3万円(今年出た6色バージョンは33000円)

初めて自分で「欲しい」と思った椅子は
チャールズ・レニー・マッキントッシュデザインのラダーバックチェア。
これがレプリカでも8万する事を考えたら
ウサギ椅子は頑張れば買えない金額ではない。
ただ、正直言って座りやすい椅子ではないのだ。
座面も狭いので特に体格のいい男性などは辛いと思う。

玄関先に置いて花台にする、とか
出かける前にコートやバッグの一時置きにする
ブーツを履くときや靴紐を結ぶ時にちょっと腰掛ける
・・・なんて使い方をするのならとても素敵だと思うのだが
そのために3万円というのは我が家の経済事情ではちょっと厳しい。

というわけで「いつか欲しいものリスト」に記載されたままされっぱなし(苦笑)
欲しいよ~、と指を咥えて眺めている時間が一番楽しいのかもしれないけど。
(人はそれを負け惜しみと呼ぶ)
関連記事