Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  実験レポート >  生徒作品 >  今月の生徒作品・2011年4月

今月の生徒作品・2011年4月

今月の生徒作品・2011年4月

作品名 「花もだんごも」
作者 ふかふかY香さん
制作者コメント 三色のビーズを見た時に
          「これはだんごを作るしかない!」 と思い
          「だんごには桜だよね~」
          ということで挑戦してみました
          桜の花の裏側につけた
          チェーン通しのパーツ部分にちょっと苦労しました

花もだんごも

クラスの誰もが認める技巧派・細かいもの担当の
Y香さんの作品。
桜の花からひらひら舞い落ちる花びらのペンダントと
花見団子のチャーム。
花見団子はこのペンダントに吊るすことも
セットジュエリーとしてイヤリングのパーツにすることも可能。

三色だんごの串も銀粘土

花見団子は桜色は桜を表わして春の息吹きを、白は雪で冬の名残りを、
緑はヨモギで夏への予兆を表現しているそうだが
これを構成している三色のシャトヤンシー(キャッツアイ効果)ガラスビーズを見て

「そうだ、花見団子作ろう!」

とはなかなか思いつかないと思う(^^;)
技術の確かさだけではなく、こういう洒落のわかるところも
Y香さんの強い武器。

また、この団子の串は銀線ではなく銀粘土を極細の紐状にして作ってあり
さらにビーズを通すため、この串の乾燥体に銀線を刺して同時焼成し
磨きが終了してからビーズを通してメガネ留めにしてある。

ここまでだけでも充分すぎる細かさだが、更にもうひとひねり。

チェーン通しも桜の花びら

チェーン通し部分が鏡面仕上げへの映り込みで
桜の花びらに見えるような形になっている。
形状についてはデザイン検討の段階でヒントを出したが
こちらの予想を超える精度で仕上げてきたのはさすが。

展示の時に鏡を使って裏側を見せることも検討したのだが
小さいのと鏡面への映り込みをさらに鏡で見せるというのが難しく
流石に今回は断念した。
ならばお花見!ということで
黒の半月盆に黒文字を添えて展示。
花見団子に黒文字は必要ないけど、そこは雰囲気で!
下には桜色のオーガンジーのナプキンを敷いて桜をリフレイン。

とても春らしい作品でたくさんのお客様を楽しませてくれたのだが
展示のためにお借りしてしまったので
肝心の桜の季節に作者がこれを使うことが出来なくなってしまったのが
本当に申し訳ない。
来年は是非、桜の季節に使って欲しい。

★この作品への感想や励ましのお言葉がありましたら
 拍手↓からコメントをお願いします。Y香さんへお伝えさせていただきます。


☆過去の「今月の生徒作品」はこちら
  すべての生徒作品はカテゴリの「研究発表会」からどうぞ



関連記事