Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  実験レポート >  生徒作品 >  2011チャームスワップ「Happy Bell」

2011チャームスワップ「Happy Bell」

Happy Bell

作品タイトル「Happy Bell」
作者 輝子さん
この作品をもらったラッキーな人 千恵美さん

2011年チャームスワップ出品作。
チャームスワップについてはこちら2011チャームスワップを参照。

委員長ことクラスの頼れる優しいお姉様・輝子さんの作品。
ベル型チャーム。
ベルのハンドル部とハンマー(でいいのかな?ベルを鳴らす部分)の飾りがハート型。
何が凄いって、このベルちゃんと音が鳴るのだ!
リリリンと綺麗な音が響く。

Happy Bell2

本体を焼成してからハンマー部を吊るすためにワイヤーを細工するのは
かなり大変なので、穴をあけておいてメガネ留めでつないだハンマー部を
チェーン通しとつなぐ、という方法をとれば話は早いのだが
敢えて輝子さんは難しい方法を選んだ。
このことで綺麗な音を出すことに成功している
(穴を空けるとそこで反響が変わるのでもっとくぐもった音になったかも)
それにしてもこのワイヤーワークはかなり大変だったはずだ。

ベル部分が水玉のような模様になっているのは元は偶然の産物。
練りの時に空気が入ったのか(輝子さんとしては非常に珍しいけれど)膨らみが出来た。
輝子さんの腕ならヤスリで削って平坦に整えるのは造作ないので
むしろ粒状の粘土を散らして水玉状にしてみたというわけ。
これが初心者だったら削って滑らかにするように指示しているけれど(笑)

作品ももちろん素晴らしいのだが、これで終わらないのが
輝子さんの輝子さんたる所以。
なんと、手編みのプチバッグ付き!

なんとプチバッグ付き!

チャームを優しく包み込むプチバッグまでついて
これを見事ひきあてた千恵美さんが全員の羨望の眼差しを集めたのは
勿論言うまでもない。
関連記事