Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  実験レポート >  生徒作品 >  今月の生徒作品・2011年3月

今月の生徒作品・2011年3月

今月の生徒作品・2011年3月

作品名 「さそり」
作者 MASSAYOさん
制作者コメント  初めての作品なので自分に関係のあるものをテーマにしようと思い
           星座のさそりマークを入れてみました
           一番難しかったのはさそりの絵を彫ることです

さそり

この作品の作者MASSAYOさんは日系ブラジル人3世。
笑顔のチャーミングなお嬢さんだ。

ご存知の方もおいでかもしれないがここ群馬は東海地方と並んで
ブラジル人口が多く、FM群馬では幼稚園説明会や交通安全運動についての
ポルトガル語放送も流れたりする。

外国で、母国語以外の言語で新しいことを習得するのはとても大変なことだと思う。
ちなみにこの記事に限りポルトガル語版を作ってみたので
ポルトガル語を話さない皆さんは、どれくらい心細いかを
ちょっと味わってみて欲しい。

在日年数の短さからすると、彼女の日本語理解力は相当なものだ。
だが熟語などは難しいらしいので、講師側にも注意が必要だ。

「こうやって作ると合理的ですね。…合理的ってわかる?」
「ワカラナイ~!」
「えーっと、えーっと…(5秒間考える)無駄がなくてうまく行く、かな?」
「ワカッタ!!」

…日本人歴44年、自分の日本語能力に疑問を感じる瞬間(^^;)

さて、そんなハードな条件にも関わらず教室に通う彼女
非常に仕事が丁寧である。
この平打ちリングも初めて作ったとは思えない完成度の高さだ。

(普通平打ちリングの前に2つほど作ってもらうものがあるのだが
 彼女は教室入会前に体験講座に参加していてそこで「繋ぎ」を習得してもらったので
 いつもとはイレギュラーな感じに。このあたりは生徒さんに応じて
 ケースバイケース。)

これもさそりマーク?

展示ではお見せできなかったが実は裏側にも柄が彫ってある。
小悪魔の尻尾がついた彼女のイニシャル”M”?
それとも占星術のさそり座マークだろうか。
あるいはその両方かもしれない。

丁寧に確実に作業をするMASSAYOさんは着実に腕を上げている。
このまま育った彼女がいつかブラジル人社会で
銀粘土を広めてくれるかもしれないと思うともう楽しみで楽しみで。

作品展示は本教室初の日本語ポルトガル語2ヶ国語展示。
ちょっぴり国際交流?(笑)

★この作品への感想や励ましのお言葉がありましたら
 拍手↓からコメントをお願いします。MASSAYOさんへお伝えさせていただきます。
 

☆過去の「今月の生徒作品」はこちら
  すべての生徒作品はカテゴリの「研究発表会」からどうぞ



関連記事