Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

島ぞうり

沖縄の「島ぞうり」なるものをご存知だろうか。
ビーチサンダルにナイフを入れて表層を剥がし
ベースの色を見せることで柄をつけたもの。
上級者はTシャツの柄とお揃いにして見えないオシャレを楽しむそうだ。
プロの手による作品も販売されているし
沖縄では体験教室で自作することもできるらしい。

勉強会でご一緒させて頂いているガラス作家のRuri*さんは
時間とお金さえあれば沖縄へ飛ぶ人で(笑)
前から島ぞうりの話は聞いて面白そうだな、と思っていた。
今回彼女が島ぞうりの体験講習に参加するというので

「鞄にまだスペースがあるならわたくしにも買って来てー!」

とメールを打ったら

「好きそうだなと思ってお土産に買ったわよ(^^)v」

との返信。流石だ、友よ!わかってらっしゃる(笑)

子供用はちっちゃくて可愛い

さて、これが彫る前のビーチサンダル。
隣に置いた携帯電話でサイズがわかると思うが子供用。小さくて可愛い。
何故子供サイズかというと
ちょうどRuri*さんが出品するガラスの展示販売会前だったので
うまくできたらサインボード代わりに使ってもらおうと思って
子供サイズもお願いしたのだ。
(残念ながらその展示会は地震の影響で延期となった。
 色々安定したらまた開催してくれるのを楽しみにしている。)

というわけで彼女のスタジオネーム「Lazuli Glass」と「Ruri*」
それにトレードマークのクジラ・・・をデザインして作業開始。

作り方を紹介しているサイトを何箇所かチェックはしたものの
作業を始めてから「あっ、あれってこういうこと!」と手探り状態。
彫るのに使うデザインナイフは銀粘土でも曲線カットに使うので
講師の名に掛けて負けるわけにはいかないわ!
一体何と勝負してるのですか(^^;)

格闘の末出来あがったのがこちら!

島ぞうり

今回は最初からサインボードにするつもりだったので問題ないが
実際に履く場合はデザインに色々制約があるなあ。
例えばこれは下の部分をざっくり剥がしてしまったけれど
これを履いたらかかとが下がって履きづらいと思うし。
むしろ線画を散らす、などの方が履き心地は良いと思う。

実はわたくしは鼻緒が苦手で(靴ずれ、というか鼻緒ずれする)
ビーチサンダルや草履は鬼門なのだが
これ、作るのがとっても楽しい~!
デザインナイフがあればできるので我と思わん方は是非!
うちの生徒さんや友人の中に達人が隠れていると見た(笑)

※ 制作方法は「島ぞうり」で検索するとあちこちのサイトに載っています。
わたくしは鼻緒は抜かず、そのまま彫りました。
下書きは鉛筆だと消すのが大変、というご意見があったので
サインペンで書いてナイフを入れた後剥がす前に
アルコールで消しました。

2011年3月制作
関連記事