Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  食べちゃいました >  至福の小箱

至福の小箱

ジャック・ジュナン

見る人が見ればパッケージだけでヨダレが垂れてくる
ジャック・ジュナンのショコラ・アソートとキャラメル・アソート。

ジャック・ジュナンはパリの有名ショコラティエなのだが
残念ながら日本にはお店がない。
パリに旅行に行く友人が

「何かお土産リクエストある?」

と聞いてくれた時に、遠慮する友人たちを尻目に
ハイハイ!キャラメルとチョコと・・・と
欲望に忠実にリクエストしたもの。

…ここまで読んで「ん?最近似たようなことがなかった?」
と思ったあなたはRika実験室のへヴィ・ヴューワー。
いつもありがとうございます!(^^)
この友人、最近 Hugo & Victorのチョコレートをお願いしたパリジェンヌなのだが
当時はまだ東京在住だった。
記事のバランスの関係でご紹介するタイミングを逃してしまったのだが
大好きなショコラティエさんなので今更ではあるがご紹介。


中身が美味しいのはもちろんのこととして
このアルミのボックスがパッケージマニアとしてはたまらない~!

ちなみに以前ダーリンにこのお宝チョコレートを食べさせた時に

「・・・コンビニのチョコの方がイイ」

と言い放たれたので、これはわたくしが独り占め。
キャラメルも好きじゃないのでわたくしが(以下略)

チョコレートの方はフィリングにハーブを使ってあるものもあって
多分ダーリンはこのあたりが苦手なのだと思う
鼻の裏側からたちのぼってくる香りをゆったりと楽しめる。

キャラメルは色々な味のアソート。
舌の上でとろりとソフトに溶けていくのだが
お願い、溶けないで!と思いつつ
いつまでも至福の時を味わいたいから
この溶けていく感じがやはりたまらず、もうどうしてくれよう。
マンゴー味のキャラメルなんて初めて食べたけど
これも癖になりそうな味だ。

ジャック氏は結構な日本びいきで

「2号店を出すなら日本(^^)」

と仰せだそうだが、他のお店がそうなように
日本に出したら高くて手が出せなくなるのだろうな~。
そう考えると来てほしいような、欲しくないような・・・。
関連記事