Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  雑記 >  初MRI

初MRI

今日は人間ドックを受診してきた。
治療より予防にお金をかけよう、という家庭内会議結果によるのだが
た、高い~(涙)←わかってはいたのだけれど
何が高いかというと今回オプションで脳ドックをいれたからなのだ。

しかしMRI検査は初めてなのでお財布事情を除けば興味津々。
幸か不幸か閉所恐怖症でもないし。

午前中の検診最後に脳ドックの説明を受けた。
その時戴いたプリントには次のような記述が。

<次の方は脳ドックを受診することができません>
・心臓ペースメーカーを入れている方
・体内に人工関節などの金属のある方
・妊婦・妊娠の可能性のある方
・刺青を入れている方

上3つはわかるような気がするけれど何故刺青がNG?
というわけでお聞きしてみた。

「単なる好奇心なのですが、刺青を入れている方はどうして
 脳ドックを受けられないのですか?」

すると、刺青の絵具(というのだろうか??)に金属を含む場合があって
その場合、共鳴を起してしまって色々影響が出てしまうという回答が。

へぇ~へぇ~!!

なので、ラメが多量に入っているメイクアップもあまりよろしくないらしい
・・・医療機関受診時にそんなバッチリメイクしていく方もいないだろうけれど。

さて、MRI本番。
頭をすぽっ!と所定の窪みのような場所に入れ
ヘッドギア装着。
ヘッドギアというより、アイスホッケーのマスクみたいな感じであろうか?
そのあと身体をベルトのようなもので固定。
なんとなく気分はミイラである。
うーん、確かにこれは閉所恐怖症だと厳しいかもしれない。

「この検査は寝てしまっても問題ありませんので
 眠くなったらお休みになって大丈夫ですよ(^^)」

今朝は早かったから確かに眠いのよね。それはラッキー、などと思っていたら

ガランゴロンガランゴロン

グギャギリゴギャリリリ

物凄い騒音で眠るどころの騒ぎではない。
この音がやんだと思うと耳がおかしくなるような音量のブザー音が聞こえたり。

確か病院内ポスターには従来機に比べ遙かに静かになった!と謳われていたのだが
昔のMRIはどれだけうるさかったのだろう??

まあでも貴重な経験ではあった。
結果は2週間後に郵送らしいが
断層写真がはいっていたりするのだろうか?ちょっと楽しみ
(でも見ても絶対わからないと思う!)
関連記事