Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  雑記 >  ウサギナプキンを用意してくれた新郎新婦

ウサギナプキンを用意してくれた新郎新婦

先日、とても大切な知人カップルの結婚式にお招きいただいた。
着席してみるとナプキンの形がなんとウサギになっている!

ウサギナプキン

ちなみに他の席のナプキンはこのような感じ

普通はこんな感じ

二人共が仕事をしながら、挙式・披露宴の準備と
それこそ目の回るような忙しさだったはずなのに
この心遣い!もうすでに涙腺が危険。

新郎新婦のお人柄通りというか終始和やかな素敵なお式だったが
新婦からお母様への感謝の言葉がまた素敵だった。

『子供の頃はわからなかったけれど
 料理で季節を教えてくれてありがとう』

彼女のお母様が日々丁寧に暮らしを支えていらしたこと
ご両親が穏やかに彼女とお兄様を慈しんで育てたこと
そしてそういうことに気付くことができる
素敵なお嬢さんに見事育て上げたこと
色々なことがわかるとても素敵なスピーチだった。
ちなみにわたくしは自分ではそこに気付けなかったので
今日の花嫁さんが素敵なスピーチをされていて
うちもそうだったので今更だけどありがとう、と
便乗で母と伯母に御礼を伝えたのだった(^^;)←ダメじゃん!

そして、この素敵な彼女を選び彼女に選ばれた新郎が
これまたとても素敵な男性で。
男性を見る目があると定評のあるこのわたくし
つまりはうちのダーリンが友人女性陣から絶大な人気だというだけなのだが(^^;)
から見ても彼は人として男性として信頼のおける素敵な人だ。

持論としては、幸せとはなんでもないあたりまえの日々の中で
どれだけ楽しいことや嬉しいことを見出せるかのセンスのようなものだと思っている。
まったく同じ生活をしていても、捉え方ひとつで灰色の日々にも薔薇色の日々にもなる。
つまり、自ら幸せになろうとする人にだけ
幸せになるチャンスと権利があると思うのだ。

きっとこの二人は大丈夫。
いつまでもお幸せに。
関連記事