Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  雑記 >  小池さんは本当は鈴木さんだった!

小池さんは本当は鈴木さんだった!

前回の銀粘土でのクラスでのこと。
ある場所を説明するのに

「ふる川の近くです」

と、あるお店の名前を挙げた。
この「ふる川」さんというのは群馬県桐生市の郷土料理
ひもかわうどんという幅広麺で有名なお店なのだが
ここは別格な超有名店。
何故なら、通常幅3~5センチ(らしい)の麺が
幅10センチはあろうかという特製だから。

で、このふる川さんのひもかわを説明するのに
(有名店なので知っている生徒さんが多かったが
 中には知らない生徒さんもいたので)

「幅の広い麺で有名なお店で、そのまま口に運ぶと
 オバQに出てくる小池さんがラーメンを食べている
 ビジュアルになりそうな・・・」

という説明をした。
ご存知の方はすぐピンと来ると思うのだが
メガネをかけてくりくりに巻いたパーマヘアで
(ちょっと南こうせつさんに似ている)
いつも口の幅一杯にラーメンをすすっているキャラクターなのだ。

教室のほとんどの生徒さんはわたくしがどのキャラクターの話をしているか
わかってくれたのだが、最年少の友代さんはやはり知らないらしい。
うーむジェネレーションギャップ、と打ちのめされていると
伸行さんが

「あれは小池さんじゃないんですよ」

ええっ!?教室内全員ビックリ

「小池さんじゃなくて、小池さんの家に下宿している人なんです」

ええええーっ!?

教室内に衝撃が走る中
一体何の授業か(^^;)
陽子さんが携帯電話を操作してサクッと調べてくれた。

「あの人は『小池さんの家に下宿している鈴木さん』だそうです!
 番組の中で「小池」っていう表札が出たために
 世間的に「小池さん」で定着しちゃったみたいで・・・」

おおおお~っ!!

教室内にどよめきが起こる。
いやぁ知らなかったし勉強になったなぁ!
だから何の勉強か(^^;;)

教室で授業中に全然関係ない話題になったり
携帯でそれを調べたり、ということに関して
人によっては眉を顰めるかもしれない。
だが、好奇心旺盛であることも
固定概念に縛られず広い分野に接することも
ものを作ったりデザインを考えたりする上で大切だと思うので
わたくしはこのクラスの空気はとてもいいなと思っている(笑)
それはどういうこと?と疑問が湧いたその時に
すぐに調べる、という姿勢もとても大切だし。

しかしみんな色々知っているなあ、と改めて尊敬。

とっても楽しいクラスです。
よかったら見学にいらしてください(^^)
関連記事