Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  雑記 >  ムーンダストのアレンジメント

ムーンダストのアレンジメント

先日お知らせしたフラワーアレンジメント作品展は大好評のうちに終了したのだが
主宰の森田先生からこんな素敵なアレンジメントを頂戴してしまった。

ムーンダスト

紫色のカーネーションなんて珍しい・・・!と思ったらそれもそのはず。
これはムーンダストというサントリーが開発した「青いカーネーション」で
関東では東京、神奈川、埼玉にしか取扱店がない
非常に希少性の高い花なのだ。

ちなみにこのカーネーション、英語で不可能の意味を持つblue rose
の開発段階で生まれたものらしい(実際にはこちらも紫のバラなのだが)
なんでもカーネーションにもバラにも青系色素が存在しないらしく
高度なバイオテクノロジーによって誕生したものらしい。

ムーンダストももちろん素敵なのだが
赤く丸い粒があちこちへ飛ぶ草(?)も可愛くて
なんていう花だろう、と思っていたら
なんとスチールグラス(という草)に
山帰来(サルトリイバラ)の実を刺したのだそうだ。
すごい、プロにはこんなことも出来てしまうのねー。
花を活けるセンスがなくて
日頃花瓶にいれるだけでも大騒ぎのわたくしからすると
まさに神業である。

現在このアレンジメントのお陰で玄関がいつになく優雅(笑)
森田先生、ありがとうございます!
関連記事