Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  買っちゃいました >  間違い探し

間違い探し

間違い探し。本物はどちら?

間違い探し

よくみればすぐわかるのだが、それにしてもよく出来ている!
もちろん左が本物、右は「熱闘3分カップヌードルゲーム」

本物のふた

ゲームのふた

細かいところも手が込んでいて、比べると尚笑える。

意外とハード!

さて実際どんなゲームかというと
麺と具材、それにやかんがバラバラのピースになっていて
これを3分以内に定位置に戻しなさい、というもの。
昔エポック社から「パーフェクション」というゲームが出ていたのをご存知だろうか?
いろいろな形のピースがあって、それを同じ形の穴にはめ込むのだが
制限時間内にすべてを正しい位置にはめ込むことが出来ないと
ばこんっ!と全部飛び出してしまうという大変心臓に悪いゲーム。
これのカップヌードル版と思っていただければほぼ間違いない。

試してみたところ、思いのほか難しい。
麺ピースが一見すべて同じ形なのだが
実は麺の高低など収まるべき位置があって
これがあっていないと、麺はおさまってもその上に
蛸(?)やかに風味かまぼこなどの具材が
きちんと収まらないのだ。
しかも3分以内にできないと結構派手に飛んでくれて
やっぱり心臓に悪い(^^;)

カップヌードルにお湯を注ぐと同時にゲームを始めると
制限時間一杯でカップヌードルが出来上がって
時間つぶしにはちょうど良いかも
かなり心臓に悪いけれど

ところで子供の頃、母はあまりカップ麺が好きではないので
(体によくなかろう、という理由で)
滅多に食べさせてもらえなかった。
しかし子供というのは大人が食べさせたがらない
ジャンクフードやB級食品ほど食べたがるもので(苦笑)
父の夜食用に家にカップヌードルはあったのだが
普段は食べさせてもらえないため
たまに父がコレを食べていると弟と二人並んで
子犬のように目をらんらんと輝かせて眺めていたらしく(^^;)

「喰うか?」

と父に一口ずつわけてもらうのがとても嬉しかった(笑)

友人にやはり体に良くないだろう、と言う理由で
「ベビースターラーメン」を禁止されていた子がいて

「今でもコンビニやスーパーでベビースターラーメンを見ると
 ドキドキするのよね」

その気持ち、とってもよくわかる。
関連記事