Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  行っちゃいました >  現代からくりおもちゃ美術館

現代からくりおもちゃ美術館

お盆休みに、遊びに来てくれたパティシエールのあやちゃんと共に
赤城山の麓にある現代からくりおもちゃ美術館・ぽるぺっぽへ行ってきた。
からくりおもちゃを実際に自分の手で動かすことが出来るのだ。

美術館入り口

美術館入り口はガラスの扉。
この足元のたたきに石に混じってビー玉の他星やハート型のガラスなど
かわいらしいものが埋め込まれていてここから既に楽しい!

入り口たたきも楽しげ

蝶ネクタイのカエルくん発見!ウサギストならぬカエラーな友人への
サービスショット(笑)

ペガサス

内部にはこのようなからくりおもちゃがあって
展示のみのものもあるのだが、多くはこのように自分でハンドルを回したり
スイッチを押したりして動かすことが出来る。
このペガサスはゆったりと翼を動かし空を翔る。
動きもだが造形が大変優美!

マリオネット操作は意外と難しい!

マリオネットの展示コーナーには何体か実際に動かしてもよいものがあって
自分で動かしてみることが出来る。
歩かせるのも結構難しくて、どうやっても酔っ払いさんにしか見えない
千鳥足になってしまったり・・・(^^;)
ちなみに写真でマリオネットを操作しているのはあやちゃん。

わんこピアニストのメロウな演奏

ここはスイッチを押すと赤城山系の立体映像が映し出され
ビーグルピアニストの演奏と共にオルゴールのメロディが。
ピアニストくんの手首の動きが滑らかで大変叙情的。

うさぎからくり

ウサギストとしてはもちろんはずせない一品。
この作家さんは他にもウサギ作品をたくさん作られていて
(個人的に絶対話が合う気がする!!)
どれもこれも素敵だったが、なかでも一番からくりらしいのがこれ。
三日月が傾いて滑っていく時にウサギがおもちをつく。

トイレのピクトグラム

トイレのピクトグラムもマリオネット調。
実は水を流すのに何かからくりがあるのでは・・・?と期待したのだが
さすがにそれはなかった(^^;)
余談だが昔新宿にあった中華料理店のトイレにおそろしいからくりがあって
女子トイレの特定の個室に入るとペーパーがない・・・というか
ペーパーがあるべき場所にペーパーサイズのプラスティックの塊がはめ込まれている。
「何これ!?」とその塊を回していると大音響と共に照明がビカビカと点滅して
トイレ個室の奥の扉が開き、中からトイレットペーパーを捧げ持った
極彩色の巨大(しかも2頭身)中国人形が迫ってくるのだ(実はこれが真のトイレットペーパーホルダー)
余りの衝撃に、自分がトイレ個室にいることも忘れてキャーキャー騒いでしまった(^^;)


この他にももちろんたくさんのからくりおもちゃが展示されていたのだが
写真がこれしかない。
何故ならあやちゃんとダーリンと3人で、かなり真剣に遊び倒したため
写真を撮るのも忘れてしまったのだ
本気で遊びすぎだろう(^^;)

子供はもちろん楽しめるだろうが、大人が行ってもかなり楽しめる。
ピタゴラスイッチ的なからくりはむしろ大人の方がはまりそう。
機会があれば赤城山ドライブがてらお出かけになってみては?

ちなみに明日2010年8月21日(土)午後6時より
テレビ朝日「人生の楽園」にて
ぽるぺっぽが登場予定とのこと。
ご興味があればこちらも是非。

★現代からくりおもちゃ美術館・ぽるぺっぽ★
群馬県前橋市富士見町赤城山1788-14 
TEL: 027-288-1608 FAX: 027-288-1649

記事上部のリンクからぽるぺっぽのサイトに飛びます。
営業時間や入場料、アクセスのご案内の他
100円OFFのWEB割引券もあります。
お出かけの折は是非ご覧ください。
関連記事