Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  食べちゃいました >  ハーゲンダッツのクリーミージェラート

ハーゲンダッツのクリーミージェラート

ハーゲンダッツの新しいアイスクリームが出たということで
喜び勇んで買ってみた。
今回買ったのは、2種類のうち「アーモンド&ミルク」の方。

蓋を開けると美しいマーブル模様!

クリーミージェラート

まずはこのままの状態で味見、味見。
アーモンド、超濃厚!このままでももちろん美味しい。

ところで、フリーザーから出したばかりのアイスクリームって
かちかちでなかなかスプーンで掬えなかったりしないだろうか?
最近は手の熱を伝えるアルミ製のアイスクリームスプーンもあるが
わたくしは電子レンジ(500W)で5~10秒加熱。
溶ける、というほどではないが柔らかくなってすぐに美味しく食べられる。

で、次に「練り食べ」。公式サイトによると
軽くツノがたつまでスプーンでぐるぐる混ぜる
「練り食べ」をお試しください、とのこと。

ちょっと混ぜるには硬かったので、更に10秒加熱。
まぜまぜまぜまぜ・・・で、こんな感じに。

クリーミージェラート

わたくしは混ぜたほうが好き。
クリーミーな舌触りが美味しいのと
ミルクとアーモンドの部分が混ざったことで
多少甘みが柔らかくなった気がする。

ところでジェラートの定義って何?と調べてみたら
まずアイスクリームをイタリア語に自動翻訳すると「ジェラート」。
ただし、ジェラートは
「一般的なアイスクリームと比べて空気含有量が35%未満と少ないために
密度が濃く、味にコクがある。また、乳脂肪分は4 - 8%で、
一般的なアイスクリームの乳脂肪分8%以上より比較的低カロリーである。
そのため、日本の乳及び乳製品の成分規格等に関する省令では
アイスクリームではなくアイスミルク(乳脂肪分3% - 8%未満)、
もしくは氷菓に分類される。」(Wikipediaより)
のだそうだ。

まあ、普段アイスクリームもアイスミルクもラクトアイスも
全部ひっくるめて「アイス」と呼んでいる気がするけれど
アイスクリーム、ソフトクリーム、ジェラートは舌触りが違うので
ソフトクリームやジェラートはあまり家で食べられないイメージが。
その点でもこれはちょっと嬉しい。

期間限定商品だそうなので、ご興味のある方はお早めに(^^)


関連記事