Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  雑記 >  黄金色のお菓子でございます

黄金色のお菓子でございます

☆「ブリュッセル日記」は画像編集の都合でお休みします

「いつもありがとうございます」
「どうぞ今後ともひとつ御贔屓に」

昨晩交わされたこの会話は、得意先との接待の席ではなく
我が家の夕食の席でのこと。
なぜなら、結婚記念日だったから(何やってんの!笑)
会話はこんな感じだが、花を買ってきてくれたダーリン

27年!

日本人男性の中では舞台関係者(演劇とか音楽とかダンスとか)は
花を贈ったり貰ったりに抵抗がないような気がするが
我が家のギタリストもその一人らしい。

学生時代の恩師は年下の奥様から誕生日に花をねだられ(素敵!)

「僕全然そういうのわからないんだけど
女性って花貰うとうれしいものなの?」

と不思議そうにおっしゃっていたが
基本的にうれしいと思いますよ、先生!

花をプレゼントしてもらったのはいいが、何もお返しがないな~。
ここはやはり、菓子箱の底に金貨・・・は無理だから
商品券くらい忍ばせたものを用意するべきだったか?(ちょっと待て!)

「黄金色のお菓子(小判)でございます(ニヤリ)」
「そちも中々のワルよのぅ(ニヤリ)」

…あれっ?結婚記念日の会話が
悪代官と越後屋になりかけているのは何故!?


関連記事