Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  行っちゃいました >  ブリュッセル日記・3(準備編その3)

ブリュッセル日記・3(準備編その3)

毎週金曜日はブリュッセル日記!
ということでよろしければおつきあいください。

☆これまでの話☆

ブリュッセル日記・1(準備編その1)
ブリュッセル日記・2(準備編その2)




ブリュッセル日記といいながらまだまだ日本。
旅行前の準備は色々あるのだ。

海外旅行保険はクレジットカードで

さて、海外旅行といえば海外旅行保険。
これまで旅行に行く時には空港で海外旅行保険に入っていたが
実際に使ったことはほとんどない。
1度だけ、ロンドンの石畳でスーツケースのキャスターが壊れ
その修理に使ったことがあるくらいだ。

「あれもこれもとパッケージされて保険料が高くなるのだから
荷物の紛失や破損は自費でまかなうことにして
医療など絶対必要なものだけ保険に入るのも考え方のひとつ」

ととあるブログに書かれていたのをみて、それも手だなと思った。
そこで注目したのがクレジットカード。
ものにもよるが、海外旅行保険付のカードがある。
わたくしが持っているものだとマルイのEPOSカードが自動付帯
楽天カードが利用付帯だった。
それぞれ何のことかと言うと、EPOSカードは持っているだけで
自動的に海外旅行保険が使え、楽天カードのほうは
航空券代を事前にカードで支払う
または空港までの交通機関の支払いにカードを使っていれば
海外旅行保険が使える、というもの。
空港までの交通機関は一部でもよく、例えば自宅から最寄り駅までの
タクシー代をカード払い、そこから空港まではSuicaというのでもOKだ。

特にEPOSカードは入会金・年会費無料なので
これを機にピアニストちゃんとhappyちゃんにも作ってもらった。
うまくキャンペーンに重なるとお買い物に使えるポイントが加算されたりするので
マルコとマルオの7日間付近だったりすると更にお得。

EPOSカードの海外旅行保険では疾病治療費用が270万円までつく。
例えばわたくしの場合、これに楽天カードの疾病治療費用200万円を加算すると
最高470万円まで保証されることになる。
とりあえずこれだけあればまあ良いか。
また、EPOSカードの場合事前に連絡すれば
基本的にキャッシュレスで診療を受けられるのもポイント。
保険の種類によっては現地でとりあえず支払いをして
帰国してから返金、というタイプのものもあるので
良く調べてほしい。

なくても良い、と思っていた携行品損害補償もついているし
ピアニストちゃん、happyちゃんにもそれぞれ手持ちのクレジットカードの
海外旅行保険の情報を調べてもらい、使えるようにしてもらうことで
新たに保険には入らなくても大丈夫、ということに。
保険費用が合算できるものとできないものがあるので
詳しくは各自調べられたし。
でも、EPOSカードはお勧めします。
どう良かったかはまた後ほど。

レンタルwifiどうしよう?

今回はレンタルwifiを借りていくことにした。
去年のロンドン行きでは諸般の事情でレンタルしなかったが
フリーwifiが多い割りにスピードが遅くて結局は使えなかったことがあったのと
ベルギーは公用語が英語ではないので、何かとその場で
調べたいことが出てくるのではないかと。

あちこち比較サイトをのぞいて、今回はglobal wifiにしよう、と決めたが
あるサイトで「価格.com経由でレンタルすると割引キャンペーン
というのをみつけ、探してみたら間に合ったのでこれを利用することでほぼ半額になった。
これは結構大きい!やはり情報収集大事!!

服が決まらない

とっととパッキングを済ませたいのだが服が決まらない。
別にとんでもなく服にこだわりがあるとかそういうことではなく
この頃ヨーロッパの気温が乱高下していた。
フランスで42℃をマークしたりと猛暑になっていて
長期予報を見ると最高気温が38度、最低気温が8度

・・・服、選びようがないではないか(- -;)

仕方がないので、日本の夏服にカーディガン、ダウンベスト、
薄手のマウンテンパーカーとストールを持ち、足らなかったら現地で買う!
ということにした。
天気だけは予測しようがないので本当に困る。
思ったほど荷物の量がないので、機内持ち込みできるサイズのスーツケースに
荷物を詰め、帰りに荷物が増えた時のために
衣類を放り込めるナイロンの畳めるボストンバッグを入れた。

現金は必要か?

現金をどうするか、というのも悩みの種。
安全対策でも支払いは可能な限りクレジットカードにして
大きな金額を持ち歩かない、というのが
最近の安全策ではあるがゼロと言うわけにもいかない。
トイレ用の小銭は絶対欲しいし
なかには現金onlyの場所もあるかもしれない。
余ったら余ったで次回に回せばよいか、と(あるの?次回)
3人がそれぞれ少額(2~3万円)を両替することに。

前倒しが余裕を生む

出発の4日ほど前、ピアニストちゃんから

「両替に行くので必要なら一緒にしてくるけど?」

とLINEが入る。
去年の残りで済ませようか、と思っていたのだが
折角なのでお願いすることに。
空港でのレンタルwifiの受け取りも代行してくれると言うので
(彼女のほうが空港到着予定時刻が早かった)
これも確認メールを転送してお願いすることに。

この前倒しのおかげで当日はかなり余裕ができた。
さすができる女性は違う!ありがとうピアニストちゃん!(^^)

まさかのスーツケース入替

あらかた用意のできた出発2日前。
弟からの買い物指令が!
仕事の都合がつけば会えるかも、ということで
もし日本から持ってきて欲しいものがあれば知らせてねと
言ってはおいたのだがその後連絡がなかったので
今回は特に希望なし?と思っていたら
このタイミングで来るとは。
1日遅かったら危なかったよ!
リクエストは日本の食品なのでできることなら持っていってあげたい、と
買い物をしたらどう考えてもスーツケースに収まらない。
というわけで、機内持ち込み可能の36リットルが81リットルに成長!
スーツケースの片面が弟リクエストの食品(笑)

お宝?

まあこれで、かなりお土産買っても荷物の心配はないかも(笑)

出発まであと2日!
続きはまた次回!

ブリュッセル日記・4(いざブリュッセルへ!)に続く

関連記事