Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  行っちゃいました >  ブリュッセル日記・2(準備編その2)

ブリュッセル日記・2(準備編その2)

毎週金曜日はブリュッセル日記!
よろしければおつきあいください。

☆これまでの話☆

ブリュッセル日記・1(準備編その1)




赤い貴婦人・タリス

もう一つの大切な予約、それは
赤い貴婦人・タリスの予約だ。
タリスは、フランス・ベルギー・オランダ・ドイツの4カ国を結ぶ高速列車だ。

赤い貴婦人

しかも1等車では食事サーブ付の席を予約することもできる。
元々は1等車はすべて食事つきだったものが
食事つき・食事なしの2種類に分かれたそうだ。
同行者と協議の末

行きのブリュッセル-パリ便は朝食付き
帰りのパリ-ブリュッセル便は食事なし

ということになった。
タリスで優雅に「世界の車窓から」ごっこをしたい(^^)

タリスの予約ができる日本語サイトはいくつかあるのだが
当然手数料が乗ってくるので、できれば公式サイトで直接予約したい。
ようやく公式サイトにたどりついたのは良いが表記がフランス語。

タリス公式サイト(フランス語)

ううむ、タリスの本社はブリュッセルだからなあ。
(ベルギーの公用語はフランス語とオランダ語)
まずは英語に表示を変えるのに一苦労。
言語選択は上部にあるサイトが多いのだが、このサイトでは
下のほうにあったのでちょっと探すのに手間取った。
タリス英語サイトはこちら

いくら英語が苦手とはいっても
フランス語やオランダ語よりはわかる単語があるし
調べられると思うと気が楽になる~!

タリスはどうやら早く予約をすると安いチケットに出会えるようだ。
また、曜日や日にちによってもお値段は異なる。
7月の旅行を3月の予約ではそこそこのお値段(安くはない)になっていた。
しかも、1本違う電車だとお値段が倍以上違ったり。
お財布と相談しつつ、その中でも納得できる便を予約。

1等車は2列-通路-1列の配置なので
通路を挟んで3人横並びにできればベストだったが
座席も既にかなり埋まっていて往復とも横並びでは席が取れず。
次善の策で2列席を前後する形で座席指定。
しかも行きは進行方向と逆向きの席。
まあこればかりは仕方ない。
タリスご利用予定の皆様、計画と予約は是非お早めに!

クレジットカード決済を済ませると
メールで「チケットレスチケット」が送られてきた。
(Eチケットというかオンラインチケットをタリスではこう呼ぶ)
よし!これで予約完了。早いわ~!

痛恨のミス!

予約が完了したこと、チケットがメールで届いているかを確認して欲しい旨
同行の友人2人に伝えると、Happyちゃんからはさっそく「届いた」との知らせ。
ところがピアニストちゃんには「届いていない」。

えーっっ、何故ー!?
もしやメールアドレスの登録を間違えたのだろうか??

ピアニストちゃんには

「まだ時間があるし、絶対どうにかするから安心して(^^)」

と余裕のありそうなことを言うが、正直まったく余裕はない(爆)
だが、この件を解決できるのはこの場合わたくしひとり。
できるかな、ではなく解決するしかないのだ!←力づく

再びタリスのサイトへ戻り、問い合わせ先を探す。
サイトに記された問い合わせ方法は

・AI相手のチャット
・フェイスブックのメッセンジャー
・ツイッター
・電話問い合わせ

の4種類。
この中で、電話は避けたい。
日本からだと国際電話になるし
相手の顔を見て話すならどうにかなることでも
(表情でニュアンスがつかめたりする)
声だけというのが辛いし、さらにスピーカーや回線を通すと
ただでさえ低いヒアリング能力が更に低下する(経験談)。
チャットはスピードについていけるかどうか不安があるし・・・
と言う消去法で、残りはツイッターかfacebookのメッセンジャー。
使い慣れていると言う理由でfacebookを選択。

「昨日3人で予約を完了し、そのうち2人はチケットを受け取ったが
残り一人に届いていない。メールアドレスを誤登録した可能性がある。
チケットを受け取るためにはどうしたらよいか教えて欲しい」

との内容を英語で送信。
すると

「ご連絡ありがとうございます。今は営業時間外なので7:30amに返信します」

というような内容の自動返信が。
予想はしていたがもちろん7:30には返信はなく
連絡が来たのは12:30。まあそんなものか。
だが予想外だったのは

Hi Rika

という書き出し。いきなりフレンドリーだなあ(笑)

タリスはフレンドリー

「調べてみるからブッキングレファレンス(6桁)を教えてね!」

とウィンクする絵文字つき。やはりフレンドリーだ。
だがここで一つ困ったことが。
実はブッキングレファレンスは7桁で予約コードが6桁。
どちらが必要なのかを問い合わせると、そのやり取りが
1往復増えることになるので
ブッキングレファレンスはこれ、予約コードはこれ、と
両方書いて返信した。
すると30分程度で

「どのアドレスに送ればよいか?」

との連絡が来て無事チケットを再送してもらえた。

「本当に助かりました、ありがとう!」

とメッセージを送ると、何でも遠慮なく聞いて!とのことなので
気になっていたことを聞いてみた。
というのは、タリスの出発駅はブリュッセル南駅。
この駅へ行くためにブリュッセル中央駅から乗車予定だが
ブリュッセル中央駅-ブリュッセル南駅間の切符を買う必要が
あるのかないのか、ということ。
インターネットで調べると「この間の切符が含まれているので
買わなくて良い」と言っている人と
「別料金なので買わなきゃダメ」と言っている人、両方がいて気になっていた。

タリス側の回答は

「ブリュッセル中央駅-ブリュッセル南駅間の料金はタリスチケットに
 含まれているので、別途切符を買う必要はない」

とのこと。
日本で言うと、東京から新大阪までの新幹線チケットを買うと
「東京都区内」発になっていて、例えば新宿から向かうとしたら
新宿-東京間は別に切符を買わなくても新幹線チケットで移動できる感じだろうか。

ミステイクでどきどきしたが、1日で問題解決できたし
知りたかったこともわかり、何よりタリスのスタッフさんが親切なことがわかってよかった。
これで安心して「世界の車窓から」ごっこができる♪

安心したところで今回はここまで。
わあ、タイトルがブリュッセル日記なのに
ぜんぜんたどりついてない(^^;)

ブリュッセル日記・3(準備編その3)に続く

関連記事