Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  実験レポート >  作っちゃいました・銀粘土 >  うさぎのおしりリング

うさぎのおしりリング

ウサギのおしりリング

ウサギを飼ったことのある人になら共感してもらえると思うのだが
ウサギの後ろ姿と言うのはちょっとたまらないものがある。
こう、おしりがまんまるで、その向こうに「ちょろっ」と耳が見えるところが
なんとも言えない愛嬌と哀愁を漂わせていたりして。
あなた、結局ウサギならなんでも良いのでしょう?←否定はしない(^^;)
そんなウサギの後姿、というかウサギのおしりをデザインしたリング。
結構使ったので表面が傷だらけだがこれもシルバーの味。
(磨けば新品同様になります)

指の上にちょこりん

実際に着用するとこのような感じ。
指の上にちょこりん、とお座りする感じ。

さて、実はこのリングの本領は裏側に隠されていたりする。

透かし裏蓋仕様

ウサギ本体は軽量化のため空洞になっているのだが
空洞のままでなく透かし(オープンワーク)の裏蓋をセットしてある。
裏蓋はもちろん指のカーブに沿うような曲面にしてあるので
指へのあたりもやわらか。
このデザインで裏蓋をつくらないと実は淵が指に当たって
ちょっと違和感があったりするのだ。

今見ると裏蓋のオープンワーク、特にエッジの処理は
もう少し綺麗にできなかったのかと思うのだが
今ならうちの教室の生徒さんの方がきっと綺麗に仕上げられる
当時の実力を考えると良く頑張った(笑)

しばらくアクセサリーボックスの中で待機状態だったのだが
久々にローテーションに加えてみようかな。

2006年6月制作 推定8~9g使用
関連記事