Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  実験レポート >  生徒作品 >  今月の生徒作品2013年5月・頭文字(イニシャル)C

今月の生徒作品2013年5月・頭文字(イニシャル)C

今月の生徒作品2013年5月・頭文字(イニシャル)C

タイトル「頭文字(イニシャル)C」
作者  ちえみさん
制作者コメント 
 自分のイニシャル「C」をデザインした作品です
 紐を通す部分もデザインとしたかったので
 紐使いと位置のバランスをくふうしてみました
 シンプルなデザインなので磨きは鏡面仕上げで
 存在感を出したいと思いました

このエレガントな作品にこのタイトルをつける
ちえみさんのセンスが素晴らしい(笑)
わかる方にはすぐにピンと来ると思うのだが
「頭文字(イニシャル)D」という超有名公道レース漫画があって
ここ群馬ではある意味ご当地漫画としても知られている。
CとDってアルファベットで隣り合う文字だし、何という語呂のよさ。

さて、ペンダントに通してある紐の位置にご注目。
この通し方、何か名前があるのかなあ?
例えば指環に紐を通してネックレスにする場合
紐を二つに折ってできた輪を指環に通し、
輪の部分に紐の両端を通して引っ張ると固定できる。
アクセサリーでは一般的な通し方だ。
このペンダントでも基本的には同じことをしているのだが
違うのは、中央のバーをまたがせているということ。
普通はバーの右側に2本揃えるか
狭い三日月形の穴に2本揃えて通すのが一般的。
だがバーの右側に通すと、動きによっては
ヘッド部分が紐からすり抜ける危険があるし
三日月形の穴に通すとヘッドがかなり傾いてしまう。
このバーをまたがせて紐を通すことで
ペンダントの傾きを固定し
さらにヘッドが紐から逃げる危険を回避している。
通し方自体は良くあるものなのに、ものすごい工夫だなあと思う。

ヘッドの上はビーズを通してからまとめ結び。
コード両端は長さを変えられる結び方をしてあるので
その日の服装に合わせて長さを変えられるが
ここもまとめ結びにしてあるのがポイント。

ご本人による着用画像。

今月の生徒作品2013年5月・頭文字(イニシャル)C

結構ボリュームがあるので、こうして長めに使うのも素敵だ。

イニシャルのアクセサリーは市販されているものもたくさんあるが
意外と大きなものはないし、なにより好きなフォント(?)で作れるのが
銀粘土作家の醍醐味。
これぞオリジナルアクセサリー、楽しんで使って欲しい!

☆過去の「今月の生徒作品」はこちら
  すべての生徒作品はカテゴリの「研究発表会」からどうぞ

関連記事