Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  雑記 >  ビッグマウス

ビッグマウス

最近よく「ビッグマウス」という言い方を主にスポーツ方面で耳にする。
意図するところは大言・・・大口を叩く、というところだろう。
謙虚が美徳の日本において彼らの行為に眉を顰める向きもおいでかもしれないが
これから戦いの場に赴くという人物が

「まったく自信なくって」

なんて言ってたら応援する気がなくなるどころか
本人だって戦意喪失してしまうだろう。
戦う前から自信なさそうなところを見せてどうする!
本当は自信がなくてもいい。
ハッタリで構わないから強そうにおし!!
・・・と、わたくしが彼らの母なら後ろから煽る・・・多分(笑)
そんな母親嫌だろう、彼らも(^^;)

この場合問題なのはハッタリか真意かはわからないが大口を叩く人ではなくて
大口を叩くことを「ビッグマウス」と表現するマスコミの方々だ。
記憶が確かならビッグマウスってそういう意味じゃなかったはず。
というわけで調べてみた。
なにせ英語が苦手で(正確にいうなら英語「も」苦手で)理系に進んだクチなので
あまり自信はなかったのだが、これに関しては記憶が正しかった。

big mouth :おしゃべりな人

言葉は生き物だというのもわかっているつもりだし
和製英語も日本のひとつの文化ではあるので否定したくはないが
何も元の言語にある言葉に別の意味をつけた和製英語なんて
作らなくてもいいじゃないか!
覚えづらいし混乱するってば!←本音
この言い方、早いところ飽きられて消えてもらえないかしら。


ちなみに我が家の家庭内スラングにも「ビッグマウス」がある。

何かおいしいお菓子やおつまみがある時に

「さっさと食べないと夜中に”頭の黒いネズミ”に食べられちゃうよ」

ということをよく言うのだが
(最近こういう言い方はあまりしないのかなぁ。
 本物の”頭が灰色のネズミ”に対し”頭の黒い”つまり”髪の黒いネズミ”
 =人間、ということで誰かがつまみ食いする、ということなのだけど
 辞書によっては「私財を掠め取る極悪人」みたいな書かれ方をしていたり。
 そんな大層なことだとは思っていなかった!)
我が家の”頭の黒いネズミ”(=ダーリン)はとても背が高い(笑)
せっかくおいしいものがあるのにお腹がいっぱいで食べられなかったりすると

「りかし、もう食べないの?知らないよ。夜中にビッグマウスが出てきて
 全部食べちゃうかもしれないよ?」

もちろんこの場合の「ビッグマウス」は ”big mouse”。
食べちゃうかもしれないよ?じゃなくて
それはつまみ食いの犯行予告なのでは・・・。

今夜も身長180cmの「ビッグマウス」に大事なおやつを掠め取られないように
どこかに厳重に隠しておかないと~!
関連記事