Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  実験レポート >  生徒作品 >  今月の生徒作品2017年12月・必勝祈願

今月の生徒作品2017年12月・必勝祈願

今月の生徒作品2017年12月・必勝祈願

タイトル「必勝祈願」
作者  由紀さん
制作者コメント ゼッケンをつけるピン&ブレスレット
          干支・達磨・卓球ラケット

細かいもの女王としてめきめき力をつけている
由紀さんの作品はゼッケンピン。
皆様はゼッケンピンってご存知だったろうか?
わたくしは知らなかったのだが、卓球やバドミントンの選手が
ユニフォームにゼッケンをつけるときに安全ピンを使うそうなのだが
そこにチャームをつけたゼッケンピンというものがあるそうなのだ。
この作品で始めてその存在を知り「ゼッケンピン」で検索をかけると
販売もされているということがわかった。

ゼッケンって縫い付けるのかと思ってたが
他にもマラソンや自転車レースなど、ゼッケンを安全ピンでつける競技は
結構多いらしい。

ただし、マラソンランナーである生徒さんによると
ランシャツにゼッケンを安全ピンで留めて20キロも走ると
ピンが肌に擦れて痛くなるそうだ。
・・・痛くないようにアンダーウエアを着てください、という感じだが
タイムに影響したりとか色々あるのだろうか。

さて、この作品は由紀さんが卓球部所属の息子さんのために作ったもの。
去年の干支の酉と必勝の達磨、それに卓球のラケットと
母の愛が詰まった息子さんへの贈り物だった。

今月の生徒作品2017年12月・必勝祈願

受け取った息子さんは大喜びしたものの
使う気配がない。
由紀さんが何故使わないのかをたずねてみると

「なくすと困るから」

・・・なんて可愛い息子さんなのだ!!
でも確かに、中学生男子からすると
銀のチャーム付きゼッケンピンは
なくすと困る逸品かもしれない。

そこで、チャームをブレスレットに付替えて
ファッションアイテムとして使えるようにしたのが
一緒に展示されているブレスレットというわけだ。

今月の生徒作品2017年12月・必勝祈願

これならなくしづらいから息子さんも安心して使えるだろう。

それにしてもこの小さな酉や達磨、卓球ラケットのなんと可愛らしいことか。
達磨は表情豊かだし、小さいわ、細かいわ。
お約束でサイズ比較用に1円玉を隣に。

今月の生徒作品2017年12月・必勝祈願

技術も素晴らしいが、やはり決め手は母の愛かな。
息子さんが羨ましい(^^)
        

今月の生徒作品ということで、12月一杯作品展示ブースに展示中。
お近くにお住まいの方は是非作品をご覧下さい。

今月の生徒作品2017年12月・必勝祈願

☆過去の「今月の生徒作品」はこちら
  すべての生徒作品はタイトル画面下の「研究発表会」からどうぞ
関連記事