Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  食べちゃいました >  くりくりしいモンブラン

くりくりしいモンブラン

前回、ヘレンド展を見に茨城県陶芸美術館を訪ねたわたくし達は
車を結城紬で有名な茨城県結城市へと向けた。
なぜなら、そこにモンブランで超有名なカフェがあるから!
実は、最初ヘレンド展を見るため茨城県陶芸美術館へ行きたい、
と言ったときのダーリンの反応は

「ふーん、行ってくれば?高速使えば1時間ちょっとで行けるよ」

だったのだが、途中(と言ってよいものか・・・)の結城に
モンブランで有名なカフェがあるらしいよ?と伝えると
ものの見事に釣れた。うん、はっきりしていて、いっそ清々しいな!(笑)

というわけで、着いたのはアルティザン・パティシエ・イタバシ
建物もお洒落!!

アルティザン・パティシエ・イタバシ

このガラス張りの建物の方がカフェになっていて
こちらでケーキがいただける。お店のサイトを見ると
ライトに照らされた夜がまた素敵だ。

中から見るとこんな感じ

ガラス張り

ちょっと暗いけど、ドレッサーの上のアレンジメントも素敵。

カフェからの眺め

テーブルによって椅子が違うのだが
これがまたなかなか良い感じだった。
なんだか落ち着く~!長居したい←迷惑

この席の左手側がオープンキッチンになっていて
パティシエやパティシエールがケーキを作っているところが見える。

このポット好き!

紅茶はポットサービス。お茶飲みのわたくしとしては
たっぷりいただけるのがとても嬉しい。
そしてこのポット好き~!
ああ、絵付けしたい(笑)

このポット好き!

紅茶のカップは、お茶を注ぐとハート型に見える(^^)

ハート型

さて、お待ちかねのスペシャルデセール!

スペシャルデセール

右上から時計回りにチョコレートのプティ・ガトー、モンブラン、
ミルフィーユ、いちごのプリン。

・・・これで¥1200っていいの?太っ腹だなあ!
だってこのモンブラン、一般的なケーキ屋さんのモンブランより
むしろ大きめな位だよ?

モンブラン!

おお、魅惑のモンブラン様!

断面図~!

断面を撮ろうとしたらマロンペースト(ひも?)が崩れてきてしまったが
中はカリカリに焼いたメレンゲとクリーム。

さて、お味のほうはというと。
甘さは極力控えて、かなりくりくりしいマロンペースト。
(日本語が崩壊していてごめんなさい)
甘~いマロンペーストを期待していると肩透かしかもしれないが
とにかく「栗!」を濃厚に味わえるケーキだと思う。美味!
ただ、上記の理由で、もしかしたら好みは分かれるかも。
でもでも、栗好きな方には是非一度お召し上がりいただきたい。

他のケーキも勿論美味しかった。
特にミルフィーユの作り立てって
パイ生地がさくさくなので
これはその場でいただける醍醐味。

ショーケースの中のケーキもみんな綺麗で美味しそうだったし
なんといってもカフェの雰囲気が素敵で
近所だったら通い詰めたいくらいだ。

ところで、茨城県陶芸美術館のカフェにもモンブランがあった。
知らなかったのだが、実は茨城って栗の生産量日本一だった!!
栗というと小布施のイメージがあって、長野かと思ってたら
実は茨城なのね。
納豆とお芋の印象が強かったが、これからは栗にも注視しようっと。

さて、次はどこのモンブランにしようかな?(^^)←まだ食べる気か!
関連記事