Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

脱兎さん

脱兎さん

ウサギのブローチを作った。
これは講師対象のブローチ講習会があって
本体のデザインは各自自由だったのでウサギを作ったもの。
走るウサギを作ろう、と最初は普通に四つ足で走るものをイメージした。
たとえばこんな。

ウサギ部分アップ

これは過去に作ったうさぎの菓子楊枝で
制作工程はこちら※長いです
ブローチにしたら普通すぎるかと思い
急遽キャラクターっぽいものにした。
後から考えると別に普通で構わなかったのだけど(^^;)
本来足の速いウサギが「ビューン!」ではなく
「すたこらさっさ~」くらいのテンポなところが
ちょっとユーモラスでいいかなあ、と。

裏側

裏側には、ペンダントとしても使えるように
チェーン通しをつけてある。

ペンダントとしても使用可能

・・・使えるようにしてはあるのだが
さすがにこの年になってこんなデザインのペンダントはしないかも、と言うと

「いや、全然使えますよ!」

と声をそろえるうちの生徒さんズ。
あなた方、わたくしがウサギなら何でもアリと思っていますね?
確かに大筋で外れてはいない・・・

ペンダントとして使えるかは別として
チェーン通しがあればバッグチャームとしても使えるので
このパーツをつけたことはやはり正解。

ところでブローチと言えば
大人なマダムがブローチ使いがお上手と言うイメージがある。
今回作ったので自分で身につけてみての感想。

夏場、ネックレスをつけないことがものすご~い開放感!!

首周りが寂しくならないよう、普段なにかしらペンダントをするのだが
夏は汗ばむのでチェーンがうっとうしく感じるのだ。
ところが、襟元にブローチをつけることで
ペンダントなしですむので湿度の高い時は快適。
あとは薄手のトップスでも気軽に使える、軽いデザインの追及かな。

わたくしはブローチは秋冬に使うことが多い。
身幅に余裕のあるカーディガンをカシュクールにするのに使ったりする。
※男性のため?の解説
カシュクールというのはニットやブラウスなどの胸元を
着物のように打ち合わせて着るデザインのこと。
ご興味があれば「カシュクール」で画像検索されたし!

今まであまり使うことがなかったが
新しい選択肢としてブローチはアリなのかも。
そこのお嬢さん(およびレイディーズアンドジェントルメーン!)
今だからこそ、ブローチを使ってみませんか?

PMC3 9g、洋白ピン
2017年6月 制作
関連記事