Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  実験レポート >  作っちゃいました・その他 >  寄木細工コースター

寄木細工コースター



どういうわけだか手先が器用な友人が多いのだが
そんな友人達と「一日体験講習」に参加するのが楽しみ。
去年一緒に旅行した友人が凝り性さん
(何にでも凝るわけではないが、凝るとなったらもうとことん!タイプ)と
技のデパートさん
(多方面に才能があって、彼女一人いたら店が開けるを通り越して
 デパートが開けそうなタイプ)だったので

「何か面白い体験講座はないかしら~?」

と探したら、なんと寄木細工体験講座が
(旅行先は箱根でした)
まさか寄木細工なんて体験させてもらえるとは思っていなかったので
行くしかない!と勇んで申込んだ(笑)

現場に行くとコースターキットの中から好きなものを選ばせてもらえる。
写真がわたくしが作った物なのだが、小さな三角形が9個
台形が3個平行四辺形が3個・・・のピースを
どんな風に組むかのレイアウトを考える。
(実はこれに一番時間がかかったりして・・・)
あとはボンドで貼り付け、ドライヤーで乾かしてヤスリをかけて仕上げ
という工程なのだが、要所要所で工房のオジサンが説明してくれる。

「次はボンド付けなんだけど、これは特別なボンドでね」

小丼くらいの器にたっぷりと入ったボンド。
見た目はよく工作に使う木工用ボンドと変わらないけど
やはり伝統工芸に使用するものは特製なのだろうか?

「イギリスのジェームスって会社の特別製なんだよ」

へぇえ、箱根の伝統工芸品を作るために必要なボンドがイギリス製・・・
って、ああっ

ジェームズ・ボンドですかぁっ!

ちぃいっ、わたくしとしたことが突っ込み損ねたわ!
あなた誰?

このオジサンが隙あらばオヤジギャグを挟んでくるので
油断も隙もなくてとても楽しかった(笑)

o_100106.jpg

帰宅後「ハイ、お土産~」と渡すとああ箱根だものね、と
普通に受け取ったダーリン。
体験教室で作って来た、と言うと

「ええーっ、これ作ったの?ありえない!すごいよ」

と尋常ならざる驚き方。
一般家庭で作りそうにないものをアレコレ作り続けたためか
何を作ってもふーんと流されたり、どうかすると
買ったものでも「作ったの?」と言われるので
この反応は新鮮だなあ(笑)
確かに寄木細工は素人にさせてくれると思わないものね。

「これで食べていけるんじゃない?(^^)」

いくらなんでもそれは無理ですから!(笑)
素人向けのキットだからなんとかなるのであって
お店からちらりと見える工房の中で作業をする職人さんたちは
それはもう見事な手さばきで美しかったこと。
しかもその手から生み出される細工の細かさと言ったら・・・!

旅行先での体験講座、なかなかお勧めです。


2009年10月制作
関連記事