Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  雑記 >  クリスマス狂想曲

クリスマス狂想曲

クリスマスイブまでの3連休、皆様はいかがお過ごしだっただろうか。
我が家では恒例のクリスマスパーティを開いた。
パーティ、と言ってもわたくしの両親と伯母を招いて
飲んで食べておしゃべりするだけなのだが。
日頃色々お世話になっているので、1年の謝恩イベントの意味もある。
なぜこのメンバーのなかにダーリンママンがいないかというと

「冬の群馬は寒いからとても行けないよ」

と拒否されるから。
それを言われると否定のしようがないので
住んでいても確かに寒いと思うものね(爆)
ダーリンママンへの感謝は別口で。

今年はドイツ駐在を終えて帰ってきた弟夫婦も含め
7人でにぎやかな夜を過ごすことにした。

ところが、大問題が。

クリスマスツリーを出している時間がない

クリスマスツリー(180cm)を出して組み立ててオーナメントを飾り付け
部屋の飾りつけをして・・・に2日かかる。
ところが今年は制作その他の予定が押して押して押しまくり
クリスマスツリーを出すどころか
部屋の片づけすら危うい、という危機的状況。
特に弟夫婦を泊める予定の部屋(元は客部屋)の
半分はブルーシートを敷いてイーゼルを立てて簡易画室
半分はダーリンの楽器と機材、描き終えたキャンバスで
埋め尽くされている。

「とにかく布団が敷ければいいから!」

ということで、この部屋にあるものを寝室と仕事部屋に
押し込む押し込む!!
・・・ゲストの寝室は確保できたけど、原状回復できるのだろうか(^^;)

ゲスト到着の30分前まで掃除していて
仕切り悪すぎorz
あやうくスッピンでお出迎えしそうになるという
グダグダなスタート(苦笑)
玄関にリースすら飾れず、ミニツリーを出すだけの寂しさ。

それでもどうにか料理を作り終え、パーティースタート。
そして写真を撮り忘れるというやっぱりグダグダ状態。
それでもワインで乾杯して、暖かいお料理やケーキをつつき
プレゼント交換をしながらどうでもいいことを家族でおしゃべりして
というのはなかなか幸せな時間だ。

子供の頃、クリスマスや誕生日は母がご馳走を用意してくれ
父や伯父や伯母にはプレゼントをもらい、と
たくさんの楽しい記憶をもらった。
もらったものが大きすぎて、とても同じものを返すことはできないが
ちょっとでも楽しい気分を味わってもらえれば。

・・・とりあえず、来年はクリスマスツリーを出して
ちゃんと飾りつけをしないと。
目標、低っ!(^^;)

関連記事