Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  雑記 >  種類が違う

種類が違う

先週土曜日、かつての同級生の展覧会を見るため関内へ行って来た。
学生時代から力のある人だったが、変わらず活躍していることが
とても嬉しかった。

友人は活躍している、お天気は良いで気分も上々。
桜木町まで一駅ぽてぽてと散歩がてら歩いた。
駅前でお昼ゴハンでも、と思ったら何やら見慣れぬビルが。
はて、こんなビルあったかしら?しばらく桜木町に来ることはなかったが・・・
と思ったら前日金曜にオープンしたばかりのビル。
知らなくて当然である。

ちょっと覗いてみましょう、と入ってみると
あちこちのお店にオープン祝いのお花が並び
お客さんも大勢なので大変な賑わい。
その中でも一際賑わっていたファッションブランドには
芸能人に疎いわたくしでも名前を知っている
モデル出身のタレントさんからのお花が並び
店頭でそのブランドの服を身に纏いニッコリ笑っているお嬢さんは
おそらく応援に来た新人モデルさんか何かなのだろう。
細いだけでなく背は高いは脚は長いは顔は小さいは。
しばしうっとりと見とれてしまった。

さて、その時にわたくしが何を考えていたかと言うと。
もしどこかの星から宇宙人が来て
昆虫採集のように人間採集をしたとして
その標本の中にこのモデルさんとわたくしが含まれていたとしたら。
多分違う種類の人間だと思うのではないかな~と(爆)
例えば犬ならアフガンハウンドとダックスフントとか
チョコレートならジャン=ポール・エヴァンとチロルチョコとか
念のため言っておくとダックスフントもチロルチョコも好きなのだけど
標本調査は有効な方法ではあるけれど
正しい理解のためにはある程度の母数が必要だよなあと
なんとなく納得してしまったのだった。
美しい女性を眺めながらそんなおバカなこと考えるのはどうかと思う・・・
関連記事