Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP >  その他のレポート >  雑記 >  愛すべき仲間たち

愛すべき仲間たち

先日、久々に集まった仲間がいる。
同期入社の女性7名だ。

実は今年同じ同期の女性が病気で亡くなり
その件で久々に連絡を取り合った。
何人かはこまめに会っているものの、お互い忙しいこともあり
年賀状のやり取りだけになってしまっていたのだ。
だが、この亡くなった友人を偲ぶ会をしたいね、ということになり
全体に話を広げると日程の調整だけでも大変になってしまうので
とりあえず専門職女性部会、ということで
都合のついた7名が集まった。
久々の同窓会の様なものだ。

実は以前、かつて一緒に仕事をしていた先輩が突然死してしまったことがある。
そのうち食事でも、なんて話をしながら
どうしても日程の都合がつかず

「ま、おまえさんとはいつでも会えるからな」

という先輩の言葉に甘えて先送りしていたら
二度と会えなくなってしまった。

普段忘れているが、人間は誰でもいつか必ず死ぬ時が来る。
それは50年後かもしれないし、明日のことかもしれない。
それを思うと、つまらないことで誰かと諍いを起こしたくないし
作れるものは作りたいし
会いたい人には会っておきたい。

みんながそう思ったかはわからないが、とにかく7人で集まった。
当時の会社に残って働いている人もいれば転職した人もいるが
全員がそれぞれの場所で頑張っている事が
とても嬉しかったし誇らしかった。
知り合ったのが学校を卒業したてで
社会のことを何も知らないヒヨッコ状態の時だったので
お互いに恥ずかしい時代を知っているというか
今更飾る必要のない幼馴染的な気楽さだった。
それぞれちゃんと成長しているのだけれど
ノリは若い頃と変わらなかったりして。
それはそれでどうなのだろう?(^^;)
こういう仲間がいるってとても幸せなことだと思った。
失ってから呆然とするのでなく、もっと大事にしなきゃ。
先日この友人たちからパワーを分けてもらったように
わたくしも彼女たちに恥じない自分でいようと思う。

亡くなった友人は、まっすぐでおおらかな人だった。
その彼女にも、友人として恥じるところがないように。
関連記事