Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP > 2013年09月

空色リボンのマグカップ2

空色リボンのマグカップ2

前回ご紹介したマグカップのペア。リボンにブーケと小花、というレイアウトは変えずにブーケと小花を変えた。リボンの色を変えるという方法もあったのだがブーケと小花を変更しているのでリボンは空色のままで。ペアだとこんな感じ。叔父と叔母はこれでお茶を飲みながら毎日どんな話をしているのだろうか。孫のこと、農作物のこと、これから行く旅行のこと。意外と世界情勢について熱くかたらっていたりして(笑)2013年7月 制作...

... 続きを読む

ウサギのテーブルライト

ウサギのテーブルライト

ウサギのテーブルライト。ポーセリンの生徒さんに陶芸家がいて、プレゼントしてくれた。ありがとうございます、京子さん!裏側はウサギのくりぬき。これを表側の満月の上に載せてある。銀粘土で考えると、くりぬいたパーツをそのまま載せるのは結構難しい。乾燥でひびが入ってしまったり、鋭利なラインを出そうとすると抜いた穴を綺麗にするためには抜くパーツを犠牲にする必要があるので。銀粘土よりはゆっくり乾燥する陶芸だから...

... 続きを読む

親の心子知らず

親の心子知らず

実家滞在中、朝食がお赤飯だった。好物なので問題ないどころかウエルカムなのだが、何の気なしに「何かのお祝い?」と母に聞くと「何かって、あなたの入選のお祝い」す、すみません、すみません。「だって晩御飯の時いないんだもの」わああ、重ね重ねすみません。展覧会関係で実家に泊めてもらっていたのだが友人が見に来てくれたので一緒に食事をしていたり先生の個展のオープニングパーティーで外食だったりと実家で夕食をとらな...

... 続きを読む

拍手お返事

拍手お返事

親戚から新米をいただきました。漬物だけでもパクパクいけてしまうおいしさ!危険、危険。食べ物のおいしい季節ですね。美味しくて幸せ!でも太る恐怖!!食べなきゃいいじゃん、とならないのは何故なのでしょう(^^;)拍手を押して下さってありがとうございます!よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。...

... 続きを読む

ティッシュ・テロ

ティッシュ・テロ

白い悪魔~ティッシュ・テロ。それは、ポケットの中身を確認せずに洗濯物を洗濯かごへ放り込むうっかりさんがいると発生する。我が家でも数年ぶりに発生!!あうう、この無力感たるや恐ろしい。洗濯を家族の誰かにしてもらっている皆さん。着ていた服を洗濯に出す前にポケットの中のものは全部出しましょう!洗濯する側は忙しくて全ての服のポケットを再確認なんてしてられないのよ本当に!!(涙)...

... 続きを読む

カラーコーディネート

カラーコーディネート

とある絵画のグループ展を見に行ってきた。わたくしに案内のDMを下さった方は黄色が印象的な絵を描かれる女性だ。作風がはっきりしているので名札がなくてもすぐにこの方の作品、とわかる。黄色の使い方もその一つ。そして、画廊でお会いすると必ず黄色の服をお召しになっている。冬にお会いしたときは黄色のダウンベスト。先日はレモンイエローの細身のパンツ。画廊の方がお茶を入れてくださったのでありがたくご馳走になってきた...

... 続きを読む

空色リボンのマグカップ

空色リボンのマグカップ

これも叔母からのオーダー品で、ペアマグカップのひとつ。ブーケと空色のリボンのデザイン。ブーケから左右に伸びるリボンを裏側で交差させ向こう口で小花に結んである。このカップは手前より向こう口が高いというちょっと独特の形状なのでもうここは見せ所というか、正面に何も描かなくてもここは描かなきゃダメでしょ、というポイント。正面にブーケを描いたので、向こう口はバランスで小花にした。裏に描いた青いリボンが光にか...

... 続きを読む

ウサギのマイクロファイバータオル

ウサギのマイクロファイバータオル

ウサギ柄のマイクロファイバークロス。友人happyちゃんからのプレゼント。ありがとう、happyちゃん!!マイクロファイバークロスは吸水、乾燥が早いので多方面に重宝しているが、ウサギ柄があるのは知らなかった。うむむ、わたくしとしたことが!こんな感じで全体にウサギと小花が散っている。カワイイ~!!さて、どこで使おうかな。使い道を考えるのが楽しみ。...

... 続きを読む

幸せじゃない水(?)

幸せじゃない水(?)

幸水という梨が好きだ。甘さといい、シャリシャリした食感といい、みずみずしさといい自分としてはベストバランスな梨が幸水。梨の季節のトップバッターなので「食べられるうちに!」と、最近買う果物といえば幸水一択。そんなわけで先日も朝のデザート用に幸水3個パックを買った。幸せに1個目を食べて、2個目を食べたら。・・・これ、幸水じゃないー!!(><)多分、品出しの時に別の梨が1個混ざったのだろう。苺のように上に...

... 続きを読む

第68回行動展

第68回行動展

この展覧会は無事終了致しました。ありがとうございました。この記事は9/30までTOPに表示されます拙作が第68回行動展(行動美術協会展)に入選した。F100(1620×1303mm)キャンバスに油彩作品名 Rikaleidoscope13-72度目は1度目とまた違った緊張感があるもので。これでまぐれと言われなくて済むかな、とちょっとホッとした。いや、誰にも言われていないのだけど(^^;)18日から六本木の国立新美術館に展示されるのでご興味があれば...

... 続きを読む

エッグ・ベネディクト

エッグ・ベネディクト

少し前だが、茶道教室の皆さんと暑気払いランチをした時のエッグ・ベネディクト。エッグ・ベネディクトというのはイングリッシュマフィンにハムとポーチドエッグを載せその上にオランデーズソース(バターとレモンジュースと卵黄で作るソース)をかけた、大変タマゴタマゴしたメニューだ。以前カリフォルニアに住んでいた頃家から30分位のlagna beach沿いに「Beach house」というレストランがあった。当時は看板も出ていなくて知る...

... 続きを読む

ピンポンマムのカップ&ソーサー

ピンポンマムのカップ&ソーサー

前回、前々回に引き続き、叔母からのオーダー品。3客セットの3客目だ。ピンポンマムも小菊の1種。ころん、とした形が可愛らしいのとカラーバリエーションが豊富なのとで、ブーケを描くときに大変重宝する花だ。実は今回金彩に泣いて、なんと金彩だけで焼成4回。やり直してもやり直しても窯から出すと金がのらず剥がれているのだ。今まであまり金彩で失敗したことがなく、2回焼成すれば大体綺麗に仕上がっていたので原因が全く分...

... 続きを読む

白ウサギ手ぬぐい

白ウサギ手ぬぐい

これも先日プレゼントしていただいた白ウサギの手ぬぐいありがとうございます咲彩さん!!…厳密にいうと「白ウサギの」というかディスニー版「不思議の国のアリス」柄。でもアリスと言えば白ウサギ(時計ウサギ)。ウサギ自体はテニエル版の方が可愛いのだがシルエットにするとディズニーのウサギも可愛い!ウサギにティーセット、トランプ、懐中時計、チェス・・・と素敵なモチーフが多いアリスワールド。友人の中にもアリス好き...

... 続きを読む

高校野球

高校野球

レンタルショップで、以前から興味のあったマンガを借りた。「おおきく振りかぶって」という高校野球マンガだ。主人公(ピッチャー)が中学時代を過ごしたのが群馬でストーリーの舞台となる高校が埼玉県立西浦高校(モデルは埼玉県立浦和西高校)と、浦和出身で群馬在住のわたくしにはなんとなく設定場所に馴染のあるマンガだ。ただ一つ、問題をあげるとするならばわたくしがほとんど野球がわからないタイプだということ。そこでダ...

... 続きを読む

Jig-a-saurs パーツ紹介~俊行さん編~

Jig-a-saurs パーツ紹介~俊行さん編~

Jig-a-saursのパーツ紹介第7回。Jig-a-saursについて詳しくはこちらを参照。今回の作者は俊行さん。俊行さんが作ったのはこの中の色つきの部分。まずは色つきMAPで赤と緑の部分。ダイヤ型チャーム。展示ではどちらも上下を逆に配置してある。カットした石をモザイク状に使用している。モザイクの構成を変えてあるあたりがニクイ!仮に同サイズだったとしても、センターの石のカットの仕方と配置を変えるだけで雰囲気が変わるという...

... 続きを読む

けしからんパンケーキ

けしからんパンケーキ

一時期「なんという分厚さ!けしからん!もっとやれ!」と評判(?)になった星乃珈琲店さんのスフレパンケーキ。前から食べてみたい、と思っていたのだがなかなかチャンスがなかった。先日、母と伯母が油絵のグループ展を見に来てくれたので画廊近くにあるスフレ館新宿東口店へ。これがその「けしからんパンケーキ」だ!うむ!確かにけしからん!もっとやれ!!(笑)ちなみに正式名称は「窯焼きスフレパンケーキ」。間違ってもお...

... 続きを読む

小菊のカップ&ソーサー

小菊のカップ&ソーサー

前回同様、叔母からのオーダーで作った小菊のカップ&ソーサー。カップ&ソーサーは3客セットでの注文だったのですべて花を変えてみた。淡い紫の小菊。3本立てにするような大輪の菊はどうも仏花のイメージが強いのだがマーガレットやデイジーのような小さな菊は好きだ。ソーサーはこのような感じ。こういう小菊や忘れな草はブーケを描くときにメインの花を引き立てるマスフラワー(空間を埋める花)として欠かせないが、それ単体...

... 続きを読む