Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP > 2013年08月

ウサギのモビール

ウサギのモビール

先日プレゼントしていただいたウサギのモビール。ありがとうございます、咲彩さん!!わたくしの周囲には妙に特殊技能(?)を持つ人物が多いのだが彼女も色々な特技を持っている人の一人で特にクラフト方面でも多才!色々素敵なものを作り出している。そんな彼女が選んでくれた、繊細なペーパークラフトのモビール。もう、ハートにどストライク!!裏側はこんな感じ。こちらも素敵だ。今すぐにでも飾りたいくらいなのだが雪の結晶...

... 続きを読む

拍手お返事

拍手お返事

まだまだ暑い日が続いていますが、夜は虫の声が聞こえるようになりました。実感はなくても、秋が近づいているのかもしれませんね。夏の疲れが出る頃です。みなさま、どうぞお体にお気をつけて。拍手を押して下さってありがとうございます!よろしければ、是非また遊びにいらして下さいね。コメントへの返信は、追記をご覧くださいませ。...

... 続きを読む

タイムカプセル

タイムカプセル

昨日は油絵の展覧会最終日だった。今年で3年目を迎えるこの展覧会、なんと3年皆勤賞で見に来てくださるお客様も。いつもありがとうございますそして、今年は珍しいお客様も多い年だった。その中には一際びっくりなお客様が。お客様にはお差し支えがなければ芳名帳へのご記帳をお願いしている。お名前だけでも今年はこれくらいのお客様がいらしてくださったということがわかるし、ご住所も書いてくださったお客様にはお礼状や次の展...

... 続きを読む

Jig-a-saurs パーツ紹介~Massayoさん編~

Jig-a-saurs パーツ紹介~Massayoさん編~

本日、日本語ポルトガル語のバイリンガルにてお届け。英語で書いた物をそのままWEB翻訳にかけているのでポルトガル語に詳しい方でミスを見つけた方、教えてください。Olá!Hoje, eu vou tentar escrever em Português deste artigo.Porque é linguagem da Mãe Massayo.Mesmo se eu fizer algo errado, mas por favor, me perdoe.Jig-a-saursのパーツ紹介第6回。Jig-a-saursについて詳しくはこちらを参照。É a sexta vez, ao introdu...

... 続きを読む

ピップマグネループ

ピップマグネループ

仕事柄、結構肩がこる。クラフトに絵、パソコンとどれをとっても肩こりしそうなものばかりなのでまあ一種の職業病なのだろうか。年がら年中肩こり、というわけでもないのだが気が付くと結構肩こりで辛くなっていたりして。ただ、肩こりがひどくて頭痛がするところまでは行かないので肩こりで辛い人の中ではまだ楽な方なのかも。銀粘土のクラスの友代さんが肩こり仲間(?)で彼女がよく磁気ネックレスをしていることがあるので「そ...

... 続きを読む

小薔薇のカップ&ソーサー

小薔薇のカップ&ソーサー

小薔薇のカップ&ソーサー。わたくしが描くものとしてはありえないほどオーソドックスだが自覚はあります(^^;)叔母からギフト用でオーダーされたものなので今回ばかりはネタではなく、一般受けするものを(笑)薔薇はとにかく日本人女性には人気のモチーフ。ポーセリンペインティングを学ぶ日本人女性が描きたがるモチーフと言えば薔薇と葡萄、ついで小花がスタンダードなところだそうで、ウサギが描きたい!いちごが描きたい!!と...

... 続きを読む

うさぎのお茶扇子

うさぎのお茶扇子

お茶のお稽古の時に使う扇子。もちろんうさぎ柄をチョイス!運のいいことに(?)おけいこに通い始めたのがうさぎ年だったのでうさぎデザインのものを探し放題だった(^^)大きさ比較のために前回ご紹介した扇子と並べて撮影。ご覧の通りかなり小さい。お茶での扇子は、ご挨拶の時に使うのでお点前の間は開くことがないし、仰ぎはしない(笑)先生にお月謝やお礼をお渡しする時に扇子を少し開いたものを台にするのでそれが唯一、扇子...

... 続きを読む

お気持ちだけで結構です

お気持ちだけで結構です

このところ、毎日ヘロヘロになりながら絵を描いている。敵(=キャンバス)が大きいので描いても描いても終わらないわ~、と嘆いていたらダーリンが「あ、俺手伝おうか?ベタ塗りとか!トーンは難しいから無理だけど(^^)」ありがとう、ダーリン。気持ちは嬉しいのだけど、これマンガ原稿じゃなくて油絵だから!BAKUMANというマンガ家ものアニメーションでベタ塗りとトーン貼りという言葉を覚えてしまったダーリンだった。ちなみに...

... 続きを読む

.kom(ドットコム)展のお知らせ

.kom(ドットコム)展のお知らせ

この展覧会は無事終了いたしました。ありがとうございました。この記事は8月28日までTOPに表示されますわたくしの参加する油絵のグループ展です。.kom展2012年8月19日(月)~28日(水)11:00am~7:00pm(初日3:00開場 最終日5:00pmまで)ギャラリー絵夢〒160-0022東京都新宿区新宿3-33-10新宿モリエールビル3FPhone&Fax:03-3352-0413Mail:galerie@moliere.co.jpJR新宿駅中央東口より徒歩3分、東京メトロ新宿三丁目駅A5出口...

... 続きを読む

爽やかさ半端なし

爽やかさ半端なし

今度は爽のチョコミント。実はわたくし、それほどチョコミントが好きではない。では何故これを買ったかというと。「爽の白桃が美味しいよ!」と友人が言っていて白桃が好物のわたくし、それは是非食べなければ!!と最近何かと話題の(?)コンビニエンスストアのアイスクリームケースを覗くと白桃は終了してチョコミントに変わっていた!!そんなあ!!このすっかり爽・白桃モードになっているわたくしのやる気(食べる気)をどう...

... 続きを読む

テグスとビーズのリリアンネックレス

テグスとビーズのリリアンネックレス

引き続きリリアンで編んだネックレス。テグスにあらかじめビーズを通しておいて編んでいく。ビーズの大きさやバランスでイメージが変わるのだがエアリーでなかなか涼しげ。ネックレスをすべてこれで作っても良いのだがより軽くしたかったので中央部だけリリアンにした。見た目のボリュームに反して本当に軽い!これはこのリリアンのネックレス全般に言えること。肩こりもちにはネックレスが軽いって助かる~(笑)編むのは普通の糸...

... 続きを読む

うさぎの扇子

うさぎの扇子

毎日暑い!!この季節の必需品の一つは扇子だ。もちろんウサギスト的にウサギ柄一択(笑)扇面をぴょこぴょこ飛び跳ねるウサ達が愛おしい。もちろん扇子袋にもウサギの刺繍。このほかにもうさぎの扇子があって、その日の気分や服装で持ち替えたりしている。...

... 続きを読む

Jig-a-saurs パーツ紹介~千恵美さん編~

Jig-a-saurs パーツ紹介~千恵美さん編~

Jig-a-saursのパーツ紹介第5回。Jig-a-saursについて詳しくはこちらを参照。今回の作者は千恵美さん。千恵美さんが作ったのはこの中の色つきの部分。まずは色つきMAPで赤のパーツ。両腕を広げてピアノを演奏する(?)猫の上を音符が楽しげに飛び交う。この画像ではちょっとわかりづらい角度なのだが注目してほしいのは音符が流れる五線譜の部分だ。この部分が鍵盤部分からアーチ状に浮いていてペンダントとして使用する時に、ここ...

... 続きを読む

お手軽フローズンドリンク

お手軽フローズンドリンク

LOTTEの「爽」というアイスクリームをご存知だろうか。細かな氷の粒が入っていてシャリシャリとした食感がその名の通り爽やかなアイスクリームだ。製氷皿の氷もかじりたい氷好きのわたくしにとってはもちろんたまらない、大好きなアイスクリームの一つ。今は亡きダーリンパパンもこのアイスクリームが好きで夏はよく夕方散歩に出かけると、帰りにこれを買って帰って来た。ダーリンパパンが亡くなった後、フリーザーにダーリンパパ...

... 続きを読む

2つのオープンハート

2つのオープンハート

久々に作品のご紹介。ただし、今回はいつもと少々趣向が違う。この2つのオープンハート、大きさが少々違うだけのようだが実は材料の粘土が違う。右がいつも使用しているPMC3で作ったもの。今までここでご紹介した作品のほとんどはこれを使用していて焼成後は99.9%の純銀に仕上がる。左は新製品PMC sterlingで作ったもの。焼成後はsterling silver純度92.5%に仕上がる。市販のシルバーアクセサリーはほぼsterling silverで作られ...

... 続きを読む

ウサギのワインボトルキャップ

ウサギのワインボトルキャップ

無駄にウサギであふれる我が家ではワインのボトルキャップももちろんウサギ!!本当はワインは開けたら直ぐ飲んでしまった方が美味しいのだろうがうちはダーリンがビール党、わたくしは(白に限り)ワイン好きだがそんなに量は飲めないので、栓を抜いた日に1本開く、ということがなかなかない。そんなわけで飲みかけワインを守ってくれる守護聖人ならぬ守護ウサギ。もっとも、イケるクチの友人が来たときには栓をしている間もなく...

... 続きを読む

パンが食べられないのならケーキを食べたらいいじゃない

パンが食べられないのならケーキを食べたらいいじゃない

「パンが食べられないのならケーキを食べたらいいじゃない」税金を搾り取られ「パンを寄越せ!」と王宮に押し寄せた貧困にあえぐパリ市民に対してマリー・アントワネットが言ったとされる有名なセリフだ。(実際にこの発言をしたのはマリー・アントワネットではなくアントワネットの夫・ルイ16世の叔母らしい)*****ここ2年程、公民館の茶道教室に通っている。日本や中国からお茶と白磁がヨーロッパに渡るに至ったのには実は日本の...

... 続きを読む