Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP > 雑記

Black berry・7

Black berry・7

夏休み日記的なBlack berryの観察記録。ちなみに、これまでのお話はこちら。枯れたかと思ったらどうにか葉が伸び→black berry花を咲かせ→black berry・2実をつけた→black berry・3甘い実になった→black berry・4茎(枝?)が急成長→black berry・5今年も花を咲かせて実をつけた→black berry・6実をつけたので、色づいていくのを楽しんでいる今日この頃(^^)6月20日7月8日7月19日黒くなって「完熟?」という実もあるのだが摘んで...

... 続きを読む

オニヨメ会議

オニヨメ会議

「りかしさん、ちょっと聞いてくれます?」と声を掛けてくれたS嬢・・・というかS夫人。うら若い女性にそう言われたら喜んでお聞きしますとも。もちろんオトナなマダムのお話だって喜んでお聞きする(^^)vS夫人の話というのは、夫であるS氏が会社の作業用パンツのおしりのポケットから物を出さずに洗濯に出すのを、どうすれば阻止できるか?という内容だった。お財布や携帯電話はきちんと出すが紙の場合ポケットに入っているという...

... 続きを読む

お医者さんごっこ

お医者さんごっこ

風の涼しいある日、窓を開け放っていたら後ろの家の庭で遊んでいる小学生の声が聞こえてきた。女の子が2、3人でごっこ遊びをしているのだが聞くともなしに聞いていると設定の舞台が段々変わり何故かドクターが電話をしている設定に。「はい、ええ、そうなんですよ。寝坊しちゃったんで今日はちょっと手術が出来ないんです。」・・・イヤだな、そんなドクター!!笑うと声が聞こえてしまいそうなので死ぬ気で笑いを堪えた(^^;)その...

... 続きを読む

あの日に帰り・・・たくはない

あの日に帰り・・・たくはない

若かりし頃に思いを馳せながら「あの日に帰りたい・・・」という方がいらっしゃるが(雰囲気のある妙齢のレディがアンニュイに言うイメージ?)自分に関して言わせていただくならば帰りたくはない!!だって苦労してせっかくこの年まで来たのにまた振り出しに戻るとか、そんなの嫌だ!(笑)特にポーセリンを教え始めた頃、まだ20代だったのでああ、早く40代後半くらいの頼りがいのある大人になりたい!と思ったものだ。実際に自分...

... 続きを読む

Black berry・6

Black berry・6

Black berryの小さな鉢を買って庭に植えたのが2016年。ホントに育つかなあ?とドキドキしながら水を撒く以外は無農薬・無栄養剤のほぼ放置状態で来たら去年の秋ごろ、何故か急に茎がにょきにょきと伸びた。ちなみに、これまでのお話はこちら。枯れたかと思ったらどうにか葉が伸び→black berry花を咲かせ→black berry・2実をつけた→black berry・3甘い実になった→black berry・4茎(枝?)が急成長→black berry・5さて、今年はと言...

... 続きを読む

時代を反映?

時代を反映?

銀粘土教室で使用している教室で別の日には木工家具教室が開講している。別の先生で2講座。教室には制作中の家具が置かれているので銀粘土の教室の時にそれらを見て感心したり、これは何になるんだろう?と想像したりするのだが先日、ままごと用のキッチンがおかれていた。バルブが回せる蛇口、タイル状のシールが貼られたシンクと本当に良く出来ている!こんなの作ってもらったら大喜びするだろうなあ。なるほど、と思ったのがコ...

... 続きを読む

淑女のバッグ

淑女のバッグ

わたくしの伯母(母の姉)は荷物をコンパクトにまとめるのが特技のひとつだ。1泊程度なら普通の小ぶりなショルダーバッグに収めてしまうのでとても宿泊の支度をしているようには見えないし、お勤めの女性が通勤バッグにするようなショルダートートなら3~4泊の荷物は詰め込んでしまう。お友達と一緒の旅行だと、あまりに荷物の量が違うので「同じ旅行の荷物に見えないわねえ」と、ぼやかれてしまうほどだそうだ。その伯母と、バッ...

... 続きを読む

ナガミヒナゲシ

ナガミヒナゲシ

この季節、あちこちで見かけるオレンジ色の花名をナガミヒナゲシと言う。ほっそりした茎にオレンジ色の花をつけ、大変可憐な可愛らしい花だ。道端や空き地、どうかすると庭に綺麗に咲き揃っていたりする。見た目は大変可愛らしいのだが、実は結構なワル。繁殖力が強いだけではなく根と葉からは周辺の植物の生育を強く阻害する成分を含んだ物質を生み出す。なので、自治体によっては「特定外来生物や生態系被害防止外来種(要注意外...

... 続きを読む

納得いかない

納得いかない

どうにか風邪から復活した。どうにか、というのは熱はさがっているのだが喉になにかいるかのようにイガイガして咳が残るのといまひとつしゃんとしきれないだるさが残るためだ。キモチは別として肉体は確実に年を重ねているのでこういうところがだんだんすっきりいかなくなっている。そこはそれ、年の功(?)というか積み上げた経験値で逆らわず無理せず、7~8割進行で行くのが大人のお作法ということにしよう、そうしよう←おいこ...

... 続きを読む

元号

元号

新元号「令和」が発表された。わたくしは昭和の生まれで、大学4年の時に平成になった。つまり、同学年の人は「昭和最後の大学卒業生(昭和63年度卒業生)」で「平成最初の新入社員(平成元年度新入社員)」だ。平成の間に結婚したり、2度目の大学入学・卒業といろいろあったのだが、それが「平成××年」とはっきり覚えているのは平成元年の入社と消費税導入のみ。結婚した年、大学入学・卒業年は西暦でならすぐにわかるが平成だと何年...

... 続きを読む

今日は何の日?

今日は何の日?

突然ですが、本日を持ってRika実験室を閉室いたします。長らくのご愛顧、まことにありがとうございました。・・・・・・・・・・・というのはもちろんウソです。ウソだけに赤くしてみました(^^)今日はエイプリルフールということで(^^;)Rika実験室はまだまだまったりのんびり更新を続けていきますのでどうぞのんびりおつきあいくださいませ。さて、大昔の話なのだが。ダーリンがわたくしにプロポーズしたのがよりにもよってエ...

... 続きを読む

わかりやすいけれどご無体な

わかりやすいけれどご無体な

ここ3週間ほど咳が続いている。最初は風邪っぽい感じだったのだが熱もないのに咳だけが残って鬱陶しい。しかも咳込み始めると発作のようになり実家の母に至っては「何なの、そのおじさんクサい咳は!」と容赦がない。なるべく病院に行かずに自然治癒したいわたくしだが流石に観念して病院へ行くことに。ところがタイミング悪く所用で実家にいたので行ったことのない病院の扉を叩くことになった。ドクター、経過や症状を聞いたあと...

... 続きを読む

似て非なるもの

似て非なるもの

現在、ヤクルトさんでは「つづけて実感!ヤクルトキャンペーン」実施中。ヤクルトのパッケージについているヤクルトマンの応募券を集めて送ると何かもらえる・・・って我ながら雑な説明だなあ。詳しくはこちらを参照。実はわたくし、このヤクルトマンというキャラクターを知らなかった。これ、カワイイよね!とダーリンに見せると「うん、なんか誇らしげな顔をしているね!」誇らしげ、そう言われてみるとそうかも。ところがそう言...

... 続きを読む

失礼しちゃうわ

失礼しちゃうわ

展覧会のため実家滞在中のこと。来てくれたお客様と夕食をとって帰るので先に寝ていて、というと父が「最近は変なやつが多いから早く帰ってこい」心配してくださるのは大変ありがたいのですがもう五十路ですしさすがに若い娘さんのような心配はいりませんよ、と言うと「あら、そんなのわからないじゃない!」と母。しかも続けて「後ろから見たら20か50か70かわからないかもしれないわよ!」・・・ママン、それ、さりげなくかなり失...

... 続きを読む

深層心理

深層心理

わたくしの母は、ほぼ何でもできる人である。家事万端要領よくこなし、料理上手で盛り付けも綺麗。特に洋裁が得意で、子供の頃などTシャツやジーンズを除きほとんどの服は母の手作りだった。運動神経も良く、生徒会役員をしていたらしいのでそこそこ人望もあったのだろう(多分)。このありあまる美点を母の胎内に置き去りにしてそそっかしさだけを正確に受け継いだ非常に残念な娘がわたくしである(T▽T)そんな母、結構な高確率で...

... 続きを読む

真冬の拷問

真冬の拷問

絶賛五十肩発症中、と言いながら病院に行っていなかったわたくし腕を動かした時だけでなく、何もしていなくても痛むようになってきた。五十肩以外の原因があったりしては困るのでしぶしぶ整形外科を受診。レントゲンをとったりした後、ドクターが言うことには「君、『五十肩みたいな痛さ』って言ってたけどね」ハイ、申し上げました。「五十肩『みたい』じゃなくて紛うかたなき五十肩です(^^)」あらっ、そうでしたか!まあ危険...

... 続きを読む

その通りだけれども

その通りだけれども

ポーセリンの教室で、生徒さんの作品に手を入れることがある。行き詰っている時にこうしたらうまく行きますよ、と言う感じで実際に描いて見せるのだ。生徒さんからは「魔法の手」と呼ばれているが、この呼び方は同時多発というのか、わたくしも過去のポーセリンの先生や今教えていただいているボタニカルの先生の筆が入ることを「魔法の手」とお呼びしている。初めて生徒さんから「魔法の手」と言われたとき自分の先生に生徒さんか...

... 続きを読む

マダムの密かな愉しみ

マダムの密かな愉しみ

マスキング液というものがある。水彩画の技法で、筆で塗り残すのが難しい細かいところにこの溶液を筆で塗って乾かす。乾いた上から絵の具で色を塗り絵具が乾いてから消しゴムや専用のラバーでそっと擦ると地の色が現れる、といった使い方をする。ポーセリンペインティングにもマスキング液がある。ポーセリンで使うマスキング液は乾くとフィルムのようになりピンセットでつまんで剥がす。細かい部分は塗るのも大変だが剥がすのも大...

... 続きを読む

あさのさんじ

あさのさんじ

現在わたくし、絶賛五十肩発症中である。最初は今から8年ほど前当事は四捨五入で40歳だったので四十肩と言っていた。その時に父から「この先五十肩どころか六十肩も七十肩もあるぞ」と恐ろしい予言をされていたが、本当に来てしまった(TT)四十肩の時には左腕を真上には上げられなかったが今回は痛む右腕を真上には上げられる。ただし、気をつけていないとちょっとした動きで「ぎゃあああ!!」と悲鳴を上げるほどの痛みが。上着の...

... 続きを読む

完・全・犯・罪

完・全・犯・罪

子供の頃、雑誌(多分小学○年生とかその手の本)の付録に「謎解きブック」とかなんとかいうタイトルの小さな読み物がついていた。子供の頃なぞなぞが大好きだったわたくし暗号やクイズ、それにちょっとしたミステリーのトリックを考えるこの付録に夢中になった記憶がある。その中の一つに、凶器が見つからない事件というのがあった。この時の凶器は実は氷でできたこん棒。犯人は氷で相手を撲殺した後、凶器をポットに入れて溶かし...

... 続きを読む