Rika実験室

こんなもの作っちゃいました+日々雑感

TOP > 実験レポート

ピョンタのミンティアラベル

ピョンタのミンティアラベル

ミンティアというミントタブレットをウサギ仕様にしよう、そうしよう♪ということでラベルを作った(^^)元々はこちらのミンティアさくら。(写真を撮り忘れたので、アサヒグループ食品様から画像を拝借)作ったラベルに貼り換えたものがこちら。ピョンタ(この黒いウサギの名前)のミンティアでピョンティア!これを「作りました」に入れてよいかは結構悩むところだが個人的に大変満足♪♪♪結婚式のプチギフトに写真入りのカスタマイ...

... 続きを読む

今月の生徒作品2020年7月・Life~three stars~

今月の生徒作品2020年7月・Life~three stars~

タイトル「Life~three stars~」作者 由紀さん制作者コメント 「過去」「現在」「未来」 すべての出来事は私の物語 きらきら輝く星のように 「いま」「ここ」「わたし」を生きる ~My new life begins right now~ 私の人生はこれからです由紀さん作の、ハートのペンダント。画像が不鮮明で申し訳ないのだが(撮影しなおしたい・・・>...

... 続きを読む

今月の生徒作品2014年11月・葉脈

今月の生徒作品2014年11月・葉脈

タイトル「葉脈」作者 由紀さん制作者コメント 葉に分布している養分・水分などの通う脈 一粒の雫 お日さまの光を浴びて今では技巧派の呼び声も高い由紀さんの貴重な初期の作品。今見ると初々しいなあ(*^^*)細かいところが磨けないことがストレスで確かこのあと電動ルーターを購入し更に彼女の研磨の技に磨きがかかった(文字通り)と記憶している。それでもまだ初心者だった頃、手磨きでここまで行けたのは立派。由紀さんにと...

... 続きを読む

発掘ネームプレート

発掘ネームプレート

あるものを探して画材や道具の棚を掘り返していたらトールペイントの表札が出てきた。実は、いつ描いたものなのかまったく記憶がない(^^;)ただわたくしの場合この手のものを人にお願いするとは考えづらいしベースに使っているこのブルーグレーは好きで良く使った記憶がある。そしておぼろげながら、名前のレタリングを蛍光マーカーで作ったような記憶はあるのでいつか描いたのだろう。少なく見積もっても20年以上前のことなので、...

... 続きを読む

今月の生徒作品2014年10月・輝くウサギ

今月の生徒作品2014年10月・輝くウサギ

タイトル「輝くウサギ」作者 Massayoさん制作者コメント 可愛いウサギで石留枠をつくりましたウサギストのわたくしが思わずヨダレを垂らしそうな作品(笑)作者のMassayoさんから「この合成石をウサギのボディにするにはどうしたらいいですか?」と相談を受けた。これが銀粘土と同時焼成可能な合成石なら埋め込みその他いろいろな方法があるのだがこの石が焼成可能かどうかは不明。というわけで、銀粘土で枠を作ってこの石を留める...

... 続きを読む

縫わない極薄コンパクト財布

縫わない極薄コンパクト財布

ここ数年、極薄で蓋なしの長財布を愛用している。不思議なもので、長財布に慣れると二つ折り財布が使いづらくなった。だが、小さなバッグを持ちたいときに長財布サイズが基準になるのがなんだかな~、と思っていた。そんな時に、こんな感じの財布を発見。二つ折り財布ではなく、紙幣を二つ折りにして入れるタイプだ。良さそう!と思ったのだが、海外サイトのものだったので通販も面倒だし、紙幣サイズも日本円と違うし・・・という...

... 続きを読む

今月の生徒作品2014年8月・狩猟

今月の生徒作品2014年8月・狩猟

タイトル「狩猟」作者 Nobuyukiさん制作者コメント 鳥が獲物を狩るイメージで作ったこの作品何度もアドバイスをもらって完成したものなのでかなり気に入った作品になりました鳥の姿にも、軌跡にも、そして猛禽類の鋭い爪にも見える素晴らしい造形美だ。コメントにある「アドバイス」とは「エッジを立てる」こと。爪のようにとがっている部分を、両サイドから滑らかに削り合流地点が1本の線としてエッジになるよう削ってもらった。...

... 続きを読む

今月の生徒作品2014年7月・みどりの風

今月の生徒作品2014年7月・みどりの風

タイトル「みどりの風」作者 輝子さん制作者コメント この作品はコルク粘土に模様を付けた型に薄く伸ばした銀粘土を張り付けて作っています銀粘土を焼いた後磨いてUV樹脂で色を付けて仕上げました輝子さんの今回の作品は、ペンダントとピアスのセットジュエリー。薄く伸ばしてあるので、見た目のボリュームの割にとても軽くて使いやすい。軽いことはとても重要。男性だと首の骨格がしっかりしているのでそれなりに重さがあっても...

... 続きを読む

縫わないペンケース

縫わないペンケース

ペンケースを作った。例によって縫わないレザークラフト(笑)切って穴開けてバネホックボタンをつけただけ。100円ショップで買ったビニールのペンケースがこの構造で大変便利だったのだが、長さがあるため中身があちらへこちらへと動いてしまっていた。ジャストサイズでコンパクトにしたかったため普段入れたい筆記具に合わせてサイズ設定。中身は左からシャープペンシル、ボールペン、はさみ、定規、シャープペンシルの芯と消し...

... 続きを読む

バイカラーコインケース

バイカラーコインケース

メガネケースとお揃いのコインケースを作った。メガネケースを作るのに1枚では革のサイズが足りなくてバイカラーにしたら思ったより良い感じに仕上がったのでこれも蓋と本体を別の色に。ボックスタイプと呼ばれるこのタイプは以前にも作ったことがある。中を見渡せるので目当ての小銭が選びやすくて気に入っているのだが以前は底面から側面が垂直に立ち上がる形にした。上面が少し大きくなれば(広がる感じで)もっと見やすいので...

... 続きを読む

今月の生徒作品2014年4月・Memory Charms

今月の生徒作品2014年4月・Memory Charms

タイトル「Memory Charms」作者 Chadさん制作者コメント 私は家庭生活の数々のハイライトを示す過去3年の写真コレクションを持っている。たとえば、その一つは日本に来たはじめての年の雪。子供たちは雪玉を持ち、変顔でポーズを決めている。また別の一つは、妻とアメリカを訪れた時のもの。それぞれの写真は家族それぞれを表現するためバランスの取れた構成になるよう慎重に選んだ。私は妻が家族の大切な日々を思い出せるような...

... 続きを読む

バイカラーメガネケース

バイカラーメガネケース

久々のレザークラフト。メガネケースを作った。旅行先のブリュッセルで行ったインテリアショップで買った合皮製のメガネケースのスタイルを真似てみた。買ったものに不満はなかったのだが、自分のメガネには少々大きいのでピッタリサイズで作ればバッグの中がちょっと混雑緩和(?)できるのではないかと。元々のメガネケースは厚みのあるサングラスケースにできるし(^^)こんな感じで、メガネ拭きクロスで包んで入れてある。メガネ...

... 続きを読む

今月の生徒作品2014年3月・MARS

今月の生徒作品2014年3月・MARS

タイトル「MARS」作者 真由美さん制作者コメント 3月 年度末生まれの作者はなんといっても節花の桜が大好きです薄桃色の淡い色合いやそのはかなさに想いを馳せながら制作しました花びらに見立てたハートに愛と感謝を込めています当教室に入ったら一度は作ってもらうオープンハート。ハートモチーフが好きではない、と言う場合は同じ技術を使う別のモチーフを作ってもらうのだが「作る(売る)ものに困ったらハートかクロスを作...

... 続きを読む

今月の生徒作品2014年1月・闇夜の音色

今月の生徒作品2014年1月・闇夜の音色

タイトル「闇夜の音色」作者 Shigetoさん制作者コメント 自分的には自信作ですヴァイオリンなのに「黒」というところから珍しい感覚の雰囲気を作り出すことが狙いです作品を作るとき、自分は必ず「これでいい」ではなく「これがいい」という思いで取り組んでいます。 歴代最年少生徒、Shigetoさんの作品。教室に来始めた頃は確か小学生だったはず。当実験室で何度か「しずく型ペンダント」というスタイルをご紹介したことがある...

... 続きを読む

今月の生徒作品2013年12月・二本指の指輪

今月の生徒作品2013年12月・二本指の指輪

タイトル「二本指の指輪」作者 Massayoさん制作者コメント この形の指輪はブラジルで人気でした 日本にはあまりなかったので作ってみました人差し指と中指、あるいは中指と薬指につける二つの指輪が繋がったタイプの指輪。これ、日本では何て呼ばれてるのだろう?と調べてみたら「ツーフィンガーリング」「ダブルフィンガーリング」などで、まさしく「二本指の指輪」。二本を繋げることで、通常の指輪とは違った個性的なデザイ...

... 続きを読む

今月の生徒作品2020年2月・にゃんこ風鈴

今月の生徒作品2020年2月・にゃんこ風鈴

タイトル「にゃんこ風鈴」作者 Nyaoさん制作者コメント こんな風鈴あったらな と思い形にしました 中のインカローズとにゃんこの尻尾が 本物みたくふりふりします♪ アーティストネームからもわかると思うがNyaoさんはかなりの猫好き。コメントにもある『こんな○○あったらいいな』という制作動機は、デザインの源ではないかと思う。それにしてもよく磨いたなあ!これもにゃんこへの愛ゆえか?(笑)何せ、普通に撮影したらこ...

... 続きを読む

2019チャームスワップ・さいたさいた

2019チャームスワップ・さいたさいた

さいたさいた作者 Rika-Cこの作品をもらったラッキー(?)な人 京(けい)さん2019年チャームスワップ出品作。チャームスワップについてはこちらを参照。チューリップをシンプルに表現したくて作ってみた。花と茎はアウトラインで、葉の部分は面を強調した。角度を変えるとこんな感じ。正面からだと細く頼りなく見える茎と花は実は平たい板状パーツの厚み部分。見た目は華奢でも強度を確保。チェーンを通すとこんな感じ。これが男...

... 続きを読む

インテリジェントキーケース

インテリジェントキーケース

作っちゃいました、と言ってよいのか微妙シリーズ(シリーズ!?)インテリジェントキーのケース。何が微妙かというと、1か所も縫ってないし貼ってないしカシメも打っていない。穴をあけてギボシをねじ止めしただけ。以前アコーディオンポーチを作ったとき、残りの革がもらえたので何かにならないか?といじっていたら、なんだかインテリジェントキーが包めそうだった。端の余分を切った革の残りにキーを乗せて布団を被せるかのよ...

... 続きを読む

2019チャームスワップ・Stick Catー棒猫ー

2019チャームスワップ・Stick Catー棒猫ー

Stick Catー棒猫ー作者 朗熙(あきさと)あきさとさんこの作品をもらったラッキーな人 Rika-C2019年チャームスワップ出品作。チャームスワップについてはこちらを参照。皆様は「棒人間」と言われて何のことかピンと来るだろうか?頭を円、胴体と手足を線で描いた略図のようなイラストだ。では、それを猫にしてみたら?というのがこの作品の発想の元だそう。ただ手足を作るのではなく1本の紐をくるりと輪にして腿を表現するあたり...

... 続きを読む

今月の生徒作品2020年1月・にょっきりくるくるBEAN

今月の生徒作品2020年1月・にょっきりくるくるBEAN

タイトル「にょっきりくるくるBEAN」作者 ふかふかY香さん制作者コメント 豆から芽が出ているイメージをペンダントトップにしました 写実的なものよりデザイン的な感じを出したいのと コロンとした豆の部分に少し動きが欲しかったので 芽の元部分は豆本体を貫通した形になっています 今まで何度も作品の精度で周囲を唸らせている細かいもの女王のY香さん。今回の作品は、彼女のものとしてはむしろ大きいのでは?と思ってしま...

... 続きを読む